うね日和


UNEの活動や毎月の新着情報、イベント情報をお知らせします。

 

うね日和12月web版

〇家老コラム〇捕獲と共生(獣害対策)

今年は、UNEでは2年続けて田んぼを猪に荒らされ、荒らされた田んぼ3枚は随分減収となりました。また、一之貝では猿の軍団が出没し、様々な野菜を持ち去り、花火などで対処しましたが、解決することなく今に至っています。昨年多く出没した熊は、10月下旬にUNEのスタッフが一之貝から北荷頃へ向かう県道で見かけたことはありましたが、例年に比べ熊との遭遇は少ないようでした。

このような状況を鑑み、11月初めに長岡市の農業体験施設 あぐらって長岡で開催された「狩猟免許取得希望者講習会」に参加し、狩猟の免許、方法、鳥獣の判別、わなのこと、そして獣の習性などについて1日学んできました。

狩猟の講座ですので、捕獲することが第1目的で、捕獲し、止め刺し(殺処分し)するまでの一連を学びましたが、いずれにしても時代劇の大好きな私にとっても、捕獲した獣をワイヤー等で固定し、心臓あるいは大動脈にナイフで一刺しする:止め刺しの映像が一番ショッキングでした。果たしで私は出来るのだろうか?と思いました。

実際、今、狩猟免許の取得を希望される方は、獣の実害を受けている人よりも狩猟を趣味としての楽しみ、鳥獣の肉:ジビエの確保を目的にする方が多いとのことで、農産被害の防止・予防を目的にする人はそれ程多くなく、その場合は高齢者が多数を占めているとのことでした。

我々の目的は、被害防止、予防で、捕獲、殺処分、そして食肉が目的ではありませんので、狩猟でなく、捕獲しなくてもどうにか獣と平和裏に棲み分け出来る方法はないかと思うようになりました。

  その場合、今一番効果があるのが電気柵ですが、経費が掛かり、そして管理も

必要ですので、条件不利の形の悪い田んぼ、そしてあと数年もすれば止めて

しまうような田んぼでの電気柵設置は適当なのか?何か別の方法、例えば、

臭い(肉を焼く臭い)や人を恐れる習性を利用しての方法はないか?

今後、いろいろ調べてみたいと思います。

また、狩猟期である11月15日から2月15日(猪、日本シカは3月15日)までの

間は、狩猟免許を持った方々を積極的に地元に迎え入れ、農業被害を及ぼさない

程度の頭数捕獲をお願いして貰うことを考えて行きたいと思います。

「邪魔者は消せ!」という短絡的な考え方ではなく、動物・福祉の観点からも、

人間の知恵を巡らせ、殺すのではなく、人と獣との棲み分けをしっかりし、

共生できる里山社会を築くことも大切ではないかと思います。

家老 洋

 

アオーレ長岡キッチンカー出店情報!

アオーレ長岡での出店予定は下記となります。ご予約も承りますので是非ご利用ください。

12月 2日(木) きのこご飯、栃尾じゃんぼ油揚げと野菜の煮物

21日(火) 焼き鮭、肉じゃが

24日(金) カレーチャーハン、手作りナゲット

 

イベント情報

大変申し訳ございませんが、12月、1月はイベントの予定が有りませんのでよろしくお願いします。

 

〇UNEが実施している送迎サービス事業への共同募金お願いします

昨年度より新潟県共同募金会が実施している「にいがた新テーマ型募金」は、赤い羽根共同募金の募金形態の一つで、例えば「子ども食堂を実施したい」など、具体的なテーマに対し、実施する団体が赤い羽根共同募金として募金を呼びかけるものです。

UNEがこれまで実施してきたボランティア送迎、通院送迎、買い物送迎などの車両運行費及び運転手の人件費に充てるための資金を集めるため、今回テーマ型募金に応募し、採択されました。募金目標額は90万円です。1月1日より募金が始まります。

なお、今回の募金にご寄付いただいた場合は、所得税、住民税、法人税等で税制上の優遇措置が受けられる場合があります。詳細については、募金チラシが出来上がったら連絡させていただきますし、不明な点については何なりとUNEにお問い合わせください。

送迎サービスの継続的な運営が出来るよう、みなさんのご支援ご協力よろしくお願いいたします。

 

〇極上大正もちの販売を始めます!

今年も師走を迎えました。UNEの冬の風物詩「極上 大正もち」の販売を開始しました。

UNEが一年かけてじっくり、丁寧に育てたもち米を一臼一臼丁寧につき上げた餅は伸びが良く、柔らかさが持続し、固くなりにくいのが特長です。

数量限定で毎年売り切れになる人気の商品ですので、ご用命はお早めに!

お買い求めはUNEHAUSにお越しになるか、UNEのホームページ、ポケットマルシェ、長岡市外の方はふるさと納税返礼品にも出品していますので是非!!

〇極上 大正もち価格〇

10切 460g入り 1袋1,026円(税込み)

全国発送も行っています!

3袋で送料込み全国一律3,548円です!

数量限定・極上大正もち・はじ餅 1袋648円

※ただし、はじ餅はUNEHAUSのみでの販売となります。

 

〇地域活動支援センターUNEHAUS、うねご飯お休みのお知らせ〇

12/14,15は研修、12/25から1/3まで年末年始休暇の為お休みさせて頂きます。

年始の開所は1月4日からとなりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

先月の活動報告

〇ヒカリ三代試食会を開催しました。

10月29日にコシヒカリBLの開発者でJA越後ながおか顧問の星豊一先生、

営農部長、稲作営農指導員、そして全国のうまい米コンテストで優勝された

中沢町のKさん、国際コンテストで入賞された片田町のIさん、長岡うまい米

コンテストで金匠を取られた一之貝のSさん、Kさんなど名だたる米の専門家

から集まって貰い、UNEで栽培した亀ノ尾(農林1号の祖父)、農林1号

(コシヒカリの父)、従来コシヒカリ、片田のIさんが栽培した農林22号、

そして中沢町のKさんが栽培したコシヒカリBLの全5種類の米の試食会をしました。

それぞれの品種について「旨味」「つや」そして「総合」で採点して貰い、みなさんの採点を合計したものを「今年の試食会のうまい米」としました。集計の結果、僅かの差で「農林22号」が1等になりました。炊飯は種類の違う電気ジャーで、釜による違いはありますので余興としてのコンテストでしたが盛り上がりました。同時に行った品種当てでは、14人中で全て正解した方は一人のみで、賞品としてUNEの「どぶろく雪中壱乃界」を贈呈しました。

終わりに星先生から、農林1号の開発者:並河成資、コシヒカリの開発者:高橋浩之の物語をお話しいただき、今ある美味しい米の歴史を勉強できた充実した試食会になりました。

 

〇栃尾のトッピーで赤飯を販売しました!

11月11日に栃尾市街地に有るトッピーにてUNE特製のしょうゆ赤飯を販売しました。

トッピー内の小町屋さんから出店のお声がけを頂き、今まで出店機会の少なかった地元での販売という事で力を入れ、UNEで栽培した大正もち、三崎屋さんの醤油を使うなど、栃尾にこだわったしょうゆ赤飯に仕上げました。

当日は曇でしたが、トッピーの感謝祭という事も有り開店前から

沢山のお客様が並んで待っている状況で、私たちの赤飯も今までにない

くらいのスピードで売れて嬉しくなりました。

初めての出店で少し心配でしたが、一之貝の米は地元では有名なようで

2個3個とお買い求めになるお客様が多く午後1時には完売しました。

年末のイベントでの販売も予定していますのでよろしくお願いします。

 

〇長岡市より野外用備品、衛生管理の消耗品を助成して頂きました!

「未来へつなぐ公益団体応援補助金」を活用し、長岡市から野外用の椅子、机、簡易屋根用シート等の備品、アルコールや使い捨て手袋といった衛生管理消耗品等を助成して頂きました。

今までうねご飯で人数が多くなった際はどうしても密が発生してしまいましたが、今回頂いた備品を使い野外にも飲食スペースを確保する事が出来、より安心安全に利用して頂けるようになりました。

また、野外イベント等でも活用できるのでイベントの内容の幅が広がり、様々なイベントを開催する事が出来そうです。

ありがとうございました。

 

送迎サービスのご案内

うね日和11月web版

 

1.家老コラム: 総選挙と国民審査(投票率と不信任投票)

          10月31日に衆議院議員選挙と最高裁判所の国民審査が行われます。

9月に行われた自民党総裁選で分かった通り、日本の首相を決めるのは政権与党の選挙人である党員の多数から信任された政治家が総裁・首相になるのではなく、国会議員、派閥の意向で決まったことに疑問を持たれた方も少なくないと思います。

 さて、総選挙とは?県知事や市長を選ぶ選挙とは違い、政権政党を選ぶ選挙であることを先ず理解しなければなりません。知事や市町村長(首長)の様に自らの公約を実現できる一人の政治家を選ぶ選挙とは違います。そういった意味では「地域活性化の為、新潟を良くするため、〇〇をします!」などは首長候補が言う公約であり、国会議員が言うスローガンではないと思いますが、昔、大物政治家が色々な国家的事業を地元に誘致したことで、新潟県内のみなさんは誤解し期待しているようですが、現実は一国会議員がやれることではありませんし、実際これまで出来ていません。

さて、民主主義を語る上で「過半数」は大変重要な言葉です。今回も自公で過半数の議席が取れるか?裁判官の国民審査でも『辞めさせたい』という『×』印が有効投票数の過半数つけば罷免されます。また与党である自公が過半数割ってしまえば、別の政党を与党に引き込むことも考えられます。そういった意味で「過半数」は日本の民主主義では一番重要なテーマです。

では総選挙の投票率はどうでしょう?前回は、53.68%、前々回は52.66%で今回ひょっとすると50%を割るのではないかと懸念しています。参議院議員選挙では既に前回48.80%、首長の選挙に至っては既に30%台の所も少なくありません。過半数以下の国民、市民しか行かない選挙で国家議員、首長が決まることは大きな疑問です。

自論ですが投票率が50%を割ったら選挙は無効とし、例えば半年くらい時間をおいて50%を超えるまで選挙し続ける。そうすれば候補者は投票率を確保する為に政治家は自らの政治理念・政策を市民に知らしめることに努力し、政治家と市民の距離がより近くなり、政治への関心が高まり市民の声が政治に反映され、政治家の質も今よりずっと向上するのではないかと思われますが?また、裁判で訴えられたり、政治家として社会的に大きな問題を起こしたりしているにも関わらず「当選すると、禊:みそぎを受けた!」と言って、恥らいもなくバッジをつける政治家にも疑問を感じています。裁判官の審査同様、信任投票に合わせて「この人には議員になって貰いたくない」という不信任投票も認め【得票数】=【信任投票数】―【不信任投票数】にならないかとも思います。

今回当選される国会議員は、まず初めの仕事として「過半数」というテーマで、今の選挙制度の有り様を検証して貰えたらと思います。 

 

2.キッチンカーのアオーレ長岡出店予定とメニュー

〇4日(木)きのこ炊き込みご飯・筑前煮

〇17日(水)味自慢チャーハン・カレー鶏唐

〇18日(木)鳥ごぼうご飯・長ひじき煮

〇24日(水)雑穀ごはん・栃尾ジャンボ油揚げ

 

3.イベント情報

〇福祉市民体験農園Oasis R畑仕舞2021〇

信濃川左岸、日赤病院近くに広がる体験型の市民農園「Oasis R」の畑じまいを下記日程にて行います。今年も頑張ってくれた畑に感謝し、皆で来年に向けた準備を行いましょう!

思いっきり体を動かした後は一之貝のうんめぇ新米のおにぎりと豚汁でお昼ご飯♪

皆様のご参加をお待ちしています。

1.日 時:2021年11月3日(水・祝日)8:30集合~13:30頃解散

2.会 場:福祉市民体験農園oasisR

3.集合場所:千秋が原ふるさとの森管理棟(長岡市千秋3-15-1)

3.参 加 費:無料!どなたでもご参加頂けます!!

※参加には事前のお申込みが必要ですので、上記までご連絡ください。

 

4.新米、大正餅、どぶろくのおしらせ

今年も稔りの秋を迎え、皆様にも新米の便りをお届けできるようになりました。一之貝の「うんめぇー」新米コシヒカリを是非ご賞味ください!

その他、大好評のとちおどぶろく「雪中壱乃界」、幻の餅「大正餅」もご用意しています。是非ご利用ください!

〇ウネの良い物色々〇

一之貝の棚田で採れた新米や、その米で作るどぶろく、昔ながらの天日干しの梅干しがご用意できました。お申込みはウネ(TEL:0258-86-8121 平日9:00~16:00)まで

●天然水棚田コシヒカリ 白米(発送価格、税、送料込)

5kg/5,100円、10kg/8,030円、20kg/13,690円

天然水棚田コシヒカリ 白米(店頭価格、税込)

5kg/3,780円、10kg/6,480円、20kg/11,880円

●どぶろく雪中壱乃界(店頭価格、税込)

米粉仕込み、蒸米仕込み/各1本2,200円

●幻の餅「極上 大正餅」 (店頭価格、税込)

1袋10切れ入り/1袋1,045円※11月中旬より販売開始予定

 

5.農福連携サポーター養成講座後期講座開催の報告

農業と福祉の間に立って活動する人材を育成する農福連携サポーター養成講座2021の後期講座を10月16日17日に上越市で開催しました。

前期講座から3名が不参加となり12名での開催となりましたが、皆さん農家実習やウネでの実習を経験され、知識や技能が深まった中での、今回の後期講座という事でより実践的な密度の濃い講座になりました。

その他公開講座では、NHK「趣味の園芸やさいの時間」で講師をされている恵泉女学園大学教授の藤田智先生より野菜栽培について栽培計画から最後の収穫、畑じまいまでを講義して頂きました。

普段農に携わっている方には再確認の、携わっていない方には農業の流れを学べた有意義な講義でした。

コロナ禍で中々集まる事が難しい中で集まっていただいた参加者の方の活躍が今から楽しみです。

 

6.活動報告

①きのこクウカイを開催しました

毎年恒例となりました長岡きのこ同好会の会長 原先生から八方台いこいの森にお越しいただき、食べられる食べられないは関係なく、様々なきのこを採取し、それを原先生から品評して貰いました。

また、きのこの生態、特徴を教えていただきました。

その後、見晴らしの良い八方台で特製きのこ汁、そして栗おこわをみんなで味わい、楽しい1日となりました。

②ウネに素敵な階段ができました

UNEの玄関前に立派な階段が完成しました。

村のWさんが7月から3か月かけて整備してくださった階段です。

Wさんは今年87歳になられますが、夏の暑い日、天気の良い日は涼しい早朝からお見えになられこつこつと工事されました。

この階段は地上(地面)から9段になります。正に、1段をWさんの10年に擬えるかと思います。

Wさんが100歳になられたらもう一段最上部に石段を作り盛大にお祝いしたいと思います。あと12年元気でお過ごしください。

素晴らしい階段ありがとうございました。

※この階段の愛称を募集しています。UNEまでご応募ください。

③障がい者集団面接会に参加してきました

 1年に2回、10月と2月にハイブ長岡でハローワーク主催で開催される「障がい者就職面接会」に参加してきました。今回はコロナ禍の中での開催で、事前予約のあった法人、団体のみの参加となり15団体の参加で通常に比べ半分ほどでした。

UNEには3人もの予約がありましたが1人欠席で2人の方と面接しました。予約制ですので応募された方も事前にホームページなどでUNEのことを調べての参加でしたので、面接もスムーズに行きました。

面接のした2人の外に、2つの障がい者福祉サービス施設の指導員の方から、利用者でUNEでの就労を希望している人がいるのでお願いできないか?との照会もあり、これまでに比べ収穫の多い面接会となりました。

 

7.編集者後書:コロナ禍も落ち着き?を見せ、人流も少しずつ出始めたようです。記事にも有った農福連携サポーター養成講座後期講座では県外から数名の講師の方が来訪され、とても有意義なお話や時間を共有する事が出来ました。Zoomなどで遠隔地の人とのコミュニケーションが取りやすくなった事で、かえって今回のように直接会う、話すといった相手の温度を感じられ事の重要性を改めて感じました。 78

 

 

 

ダウンロード
2021 うね日和11月号.pdf
PDFファイル 895.1 KB

うね日和10月web版

家老コラム: 稲作農家の今

シルバーウイーク、天気にも恵まれ、一之貝の棚田には市街地に住む孫子も手伝いに訪れ稲刈りの真っ盛りです。収穫、そして家族が一堂に会せることに、コンバインを運転する爺ちゃん、まんまを用意する婆ちゃん達には笑顔が溢れます。

今年は猪や猿の被害もあり収量は今一でした。そして、追い打ちを掛け9月16日の新潟日報が「コメ価格2年連続下落」新潟の一般コシヒカリは1,800円安の12,200円に!と報道、コロナ禍の外食需要の落ち込み、在庫の高止まりが原因とのことで、昨年の14,000円から約13%も引き下げられた格好です。

 現在、米の生産農家は全国に90万戸足らず(40年前の5分の1以下)、それらの農業所得が13%も下がることになるので大きな問題ですが、農家人口の減少、担い手の超高齢化で大きな声を上げて文句を言う農家もいないのが淋しい限りです。

 UNEは直接消費者に販売しているので然程影響はありませんが、国や県が積極的に後押ししてきた

スマート農業やAI農業に取り組む大規模稲作農家にとっては、コメの値段は農業所得に直結するので、 経営破綻する農家が続出するのではないかと心配しています。

 さて、いつも疑問に思うことは「農産物価格は一体どうやって決まるのか?」ある文献によれば販売価格を決める方法は ①コストに利益を上乗せする ②競合を見て決める ③商品のライフサイクルに合わせて変動させる ④需要で決める 等様々ですが、今回のJAの価格決定は④のようですが、通常は①が主流ではないかと思います。いずれにしても農業以外の他産業では、原価(仕入価格+仕入商品の配送費+人件費+梱包材代+家賃・光熱費)を割り込んでまでして販売することはありません。しかし、UNEが取り組んでいる中山間地の棚田での稲作は、人件費を度外視して原価を割り込んでまでしてやっており、既に経営破綻(事業として赤字化)しているのが現状です。

 現在、この地域で稲作を行っている人が『なぜ、そこまでして やっているのか?やれるのか?』と云うと

 ①やっている人が年金受給者 ②先祖代々の田んぼを守るという使命感 ③田んぼを止めると他の農家に迷惑を掛けてしまうという罪悪感 ④家族や親戚に自前の美味しい米を届けたい 等かと思います。

 農家の組合、そして農家の幸せ、利益を求めるのがJAですが、市場の需要でコメの価格を躊躇もせずに下げ続けていること、そして、支援して育てている大規模農家を経営難に陥れる日本の農業政策に大きな疑問を感じています。

〇新米販売のお知らせ

 一之貝のうんめぇ~新米が準備できました!今年も天候、水に恵まれた一之貝の米は美味い米に仕上がっています!ウネのこしひかりは昔ながらの従来型のこしひかり(非BL)です!お買い求めはUNEHAUSまでお越しいただくか、旧長岡市内、栃尾市内の方には10kgより直接配達いたします。

 また、贈答用としも大変喜ばれていますので、コロナ禍でなかなか会えないあの人に、無事の便りとともにウネの美味しいお米を送ってやってください!

★昔こしひかり販売価格★

 5kg販売価格 3,780円(税込)、発送料込み 5,100円

10kg販売価格 6,480円(税込)、発送料込み 8,030円 

〇10月のイベント情報

〇キノコ狩り体験教室〇 

 長岡のきのこ博士の原信高先生を招いて秋の八方台でキノコ狩りを楽しむ秋の人気企画。原先生からきのこのお話も聞けますよ!  

 採ったきのこは原先生から鑑定してもらいます。お昼はきのこ

尽くしのうねご飯。新米を使ったきのこご飯は格別です。

 こちらのイベントの参加はワクチン接種済の方のみとさせて頂きます。

日時:10月10日(日)9:00集合(受付8:50~)13:30解散

場所:ウネハウス(一之貝869)

会費:1,500円、小学生600円(お昼代、体験料込)、未就学児無料

定員:10名 少雨決行です。山に入れる恰好をしてきてください。

 

〇10月24日開催予定のにぎわいマルシェに出店計画中です〇

 旧栃尾市の市街地に新しくオープンする新交流拠点施設の

プレオープンイベントとして谷内通り会場で開催予定の

「にぎわいマルシェ」にキッチンカー「畝家」が

24日のお昼限定で出店します。

 品目は大好評の「醤油赤飯」を販売予定です。

※開催に向けて調整をしていますが、悪天候及びコロナウイルス感染状況により、

 主催者の判断にてイベント内容の変更及び中止となる場合が有ります。

〇ヒカリ三代 新米 食べ比べを開催!〇

 コシヒカリの系譜を味わう「ヒカリ三代食べ比べ」を下記日程で開催します。UNEで栽培した「コシヒカリ(非BL)」その父親「農林1号」、農林1号の祖父「亀ノ尾」、そして知人から分けてもらった母親「農林22号」と現在主流で流通している「コシヒカリBL」の5種類の米を 一度に食べ比べできる貴重なイベントです。米の種を守るためにも是非お越しください。

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から人数を制限させて頂きますので、お早めにお申込みください。

日時:10月29日(金) 11:00~13:00

場所:農家レストランUNEHAUS(長岡市一之貝869)

会費:お一人様2,000円(昼食代、税込)

〇キッチンカー「畝家」のアオーレ長岡出店の予定

詳しくはキッチンカー「畝家」のページをご覧ください。

〇活動報告

〇農林1号の紹介ビデオを作りました〇

 9月10日に稲刈り前に撮影した農林1号の紹介ビデオをYouTubeに

アップしました。

 たわわに実った田んぼの中で稲作担当の田中が、農林1号の特長

を見事に伝えています。是非、YouTubeで「農林1号」と検索し御覧ください

〇ウネに実習生が来ました〇

 ウネが受け入れ団体となって応募している地域おこし協力隊に興味のある

静岡県在住の男性と、長野出身で地域の事を学びたいという長岡大学の男子

学生が1日実習しました。若い2人には普段と違う場所や仕事で学びの多い

時間だったようです。また、普段同じメンバーで活動しているウネの職員・

スタッフも良い刺激をもらいました。

 協力隊に興味のある方には「是非来てほしい、又一緒に仕事をしよう!」

と言って別れました。地域の担い手として再訪される事を期待しています。

〇棚田について思うこと〇

 毎年この時期にこの場所の風景を空撮してきましたが、年々、黄金色に輝く田んぼは少なくなり、草茫々の田んぼが増え、そして灌木が育つ田んぼになる変化を見るにつけ本当に寂しくなります。高齢化が進み、農業では生計が立てられない今の日本農業では、後継者が育つ筈もなく、特にほ場整備がされていない条件の悪い地域では農地の放棄が進んでいきます。

 これまでの棚田の担い手であった70代後半から80代の方々が

まもなく病気や寿命を迎え耕作できなくなれば、この変化のスピードは

加速し、あと5年もすれば全て放棄地になるのではないかと懸念

しています。何世紀にも亘り百姓の汗と涙で耕作・整備されてきた

棚田が、機械化進んだ今維持できないとは一寸滑稽な感じですが、

どうすることも出来ません。

 社会ではSDG’sなどと云っていますが、農業すら守ることが

出来ない社会が果たして持続可能な社会なのか?と大きな疑問を感じます。

 現実をしっかり注視せず、コンピューターの画面や人の報道だけを見聞し、理想や理屈を捏ねる政治家や学者、そして役人からこの現場を是非見て貰いたいと思います。

【編集者あとがき】現在、自由民主党の総裁選挙の真っ只中です。4名の候補が毎日しのぎを削って様々な課題について討論しています。以前と違いインターネット等で情報を得やすい社会になってきていますが、農業施策に言及する候補者が少なかったり、認識が現状に即していない感じいます。日本の農業、地方、中山間地域をどうするのか?是非各候補に聞いてみたいです。 78

 

うね日和9月web版

1.家老コラム

“高等・大学教育無償化のススメ”

  最近、夏休みを利用して何名かの大学生がUNEにインターンにやって来ました。

「卒業したら何になりたいの?」と聞くと「公務員、サラリーマン」というように、具体的な夢を語る若者は少なく、大学で学ぶというよりは、「大学を出なければ始まらない!」といった感じで、大学4年間を過ごす学生も少なくないようです。

今の日本社会では大学を卒業しなかったら、まともな、そして賃金の高い仕事に就くことは難しく、経済的な理由、そして家族の理由などで希望する大学進学を諦める若者も少なくない事から、どんどん教育格差、そして経済格差が顕著になってきています。

さて、私が大学に入学した昭和52年度の国立大の授業料は96,000円、当時親からの仕送りは6万円でしたので年間の学費は80万円程でした。

令和2年の授業料は535,800円、親元を離れての生活費は1ヶ月92千円との統計が出ており、年間生活費は110万円、学費と合算すると160万円を超え、私の頃の2倍です。

私学に関しては、授業料は国立の1.6倍とのこと、年間経費は約200万円にもなります。これを奨学金や学びながらのアルバイトで賄うことは難しく仕送りに頼る学生が殆どのようです。

一方、仕送りを担う地方の親は、都会で学ぶ子供のため地方で汗水流して働き、自らの生活費を節約し、せっせと4年間仕送りし続けます。子供が2人大学へ行ったら、仕送りは自らの給与全部を充てなければ追いつかない状況で、収入がある程度なければ複数人の子供を都会の大学で学ばせるのは困難です。

それでは、私が8年間滞在したドイツはどうか?州立の大学が殆どのドイツでは年間の学費は今も昔も約3万円で、生活費も日本に比べ安く、親から仕送りなしでも奨学金とアルバイトで学ぶことが可能です。大学進学する18歳=成人になれば、ドイツでは「大学に入るか?」「就職するか?」何れにしても親から独立して、自らの進む道に就くことが可能です。今、日本の高等教育は義務化されていませんが、今の高校進学率は98.9%、4年生大学の進学率55.4%、短大も含めると80%を超えるています。全ての若者に高等教育を受ける自由、選択、権利を保障するために高校、大学の授業料等を無償化することもひとつの方策かと思います。

長岡人の心に生きる:米百俵の精神「国が興るのも、まちが栄えるのも、ことごとく人にある。食えないからこそ学校を建て、人物を養成するのだ。」

学びたい者みんなが自由に学べる教育環境づくりこそが、今の閉塞感が漂う日本社会、そして混迷深まる日本の政治・経済を立て直す「いの一番の政策」と思いますが、みなさんどう思いますか?                                                        家老 洋

 

2.キッチンカーからのお知らせ

キッチンカー「畝家」では、荷頃5か村にお住まいのUNE会員限定で今月より弁当の配達を行います。ご希望の方は前日16時までにお電話(86-8121)でご注文ください。ご注文の際にはお名前(フルネーム)、個数、電話番号をお聞きします。当日の12時までにお届けしますが、留守の際は玄関先にダンボールに入れ置かせて頂きます。お支払いはその都度でお願いします。1食500円となります。皆様からのご注文お待ちしています。

 

9/3(金) 五目御飯、肉じゃが

9/9(木) 鳥ごぼうご飯、揚げ茄子の胡麻和え

9/14(火) ミックスフライ、サラダ

9/17(金) たれメンチカツ、サラダ

9/24(金) 冷やし麻婆茄子、唐揚

9/28(火) 塩鮭弁当、煮物

 

3.イベント情報

9月は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から開催を中止します。

 

4.10月のイベント情報

きのこクウカイ開催予定

毎年好評の長岡市のキノコ博士・原先生をお招きし、きのこについての講義と実際に山に行って採取する人気の企画「きのこクウカイ」を10月10日9時から開催する予定です。

 開催については、新潟県内在住者を対象に参加を募り、新型コロナウイルス感染拡大防止に努めながら行いますが、状況を鑑み中止する場合もございますので、予めご了承ください。

 詳しい内容について次月のうね日和で報告いたします。

 

5.活動報告

①福祉市民体験農園OasisRで夏野菜収穫体験イベントを開催しました!

7月31日に千秋が原、信濃川河川敷の福祉市民体験農園オアシスRでジャガイモ堀り、枝豆の収穫体験を行いました。炎天下の中の作業でしたが、みなさんの頑張りで予定していた作業もあっと云う間に完了しました。じゃがいもはお土産に、枝豆はその場で茹でて

休憩時間のおやつとして楽しみました。

 お昼は収穫したばかりの茄子等の夏野菜を天ぷらにし、揚げたての夏野菜天丼と特製冷やし汁をみんなで頂きました。

 休憩そしてお昼タイムはいろいろとお話しでき大変楽しかったです。「同じ作業をし、同じ釜の飯を食う!」これが、みんな仲良しになる秘訣ですね!

②今年も猪が出てしまいました!

今年も昨年同様、最上位の田んぼに猪が出現、3枚ある田んぼ全てに侵入し稲を弄んでいて今後、どうなることかと頭を悩ませています。

 昨冬の大雪で足の短い猪は雪にハマって凍死してしまうとの話もありましたが、野生動物は雪なんかには負けないで冬を生き延びた様子で、昨年以上に活発に走り回っているようです。

 今年は管理をしっかりして豊作を期待していた矢先の出来事に嘆き悲しんでします。

 今年急増している猿も含め、地域全体での対策が急務かと思いますが、どなたか良い知恵をお持ちの方はご教授頂けるとありがたいです。

③訪問かき氷を行いました!

 8月5日にキッチンカー製作で大変お世話になった「今泉テント」に畝家特製「ふわふわかき氷」を振舞いに、かき氷器をキッチンカーに載せて訪問してきました。

 暑い中、職員の方が三々五々集まり貰い食べて貰い「ふわふわで美味しいです!」「シロップが美味しいです!」との声を頂きました。

 キッチンカー・畝家の『ふわふわかき氷』は会社や団体、お祭りや子ども会のイベント、福祉移設や保育園等お声掛けいただければ出張しますので、お気軽にお問い合わせください。

④長岡市内の高校生がボランティア活動に来訪しました!

 8月6日に長岡市ボランティアセンター主催のボランティア体験プログラムがUNEHAUSで有り、長岡市内の高校生9人が来訪し、ヨモギ収穫のボランティア体験を行いました。

 若い人たちが来るとスタッフ全員のテンションが夏の気温同様に急上昇し、みんな張り切って活動しました。昼食時の自己紹介は、ゴールドメダリストのインタビュー同様に”しょうし(恥ずかし)”がらずにしっかりと皆の前で挨拶したのは驚きました。

 その後の講座では、

 ☆若い時、たくさん経験しいろいろ失敗することが大切である。チェレンジ精神を持って何にでも積極的に!

 ☆若い時、難儀をして自らの限界を知ることが大切である。

 ☆若い時、海外にも目を向け、様々な人たちと交流し様々な価値観を学ぶことが大切である。気持ちがあれば市内に居ても国際交流は出来る!

 ☆若い時、自分のやりたいことをしっかり見つけ、それを自分の仕事としてやっていくことが大切である。給与や楽なことを基準に仕事を求めてはいけない!   

 ☆家族が第一、仕事はその次!

など『爺ちゃんエ~ル』を送り「機会があったらまたUNEHAUSを訪問してね!」と云ってお別れしました。

6. 【編集者後記】日本勢大活躍のオリンピックも閉幕しました。真剣勝負を通じ、アスリートが全てを捧げた集大成が発揮できる場を、この時期に、この日本で提供出来た事がとても嬉しく、誇らしく感じました。特に現場の人たちの苦労は大変な物が有ったと思います。

 本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。          78

うね日和8月web版

1.家老コラム
ノウフクレートの活用のすすめ
 「きつい、汚い、危険、そして臭い」以前、農業や土建業関係の仕事を3K、4Kと呼んでいました。
先月のコラムで紹介した通り、コロナ化で混乱した今、耳障りの良い「エッセンシャルワーク」と言われるようになりましたが、農家も含めエッセンシャルワーカーに対しての労働対価、市場価格は果たして適切なのだろうか?と常々感じています。
 米作りにしても、条件不利の棚田で60kgのコメを作り販売するのに一体幾らかかるのか?そして、いくらの労働工賃が得られるのか?それらを数値化するために、機械・設備の償却代、保険料、燃料代、農薬・肥料代、消耗品費、組合費、小作料、固定資産などの全ての必要経費を売り上げから
引いて、それを総労働時間・人数で割ったものをノウフクレート(1時間、一人当たりの労働工賃額)と名付け、昨年からUNEの主要作業を分析・評価しています。
 米や野菜などのUNEでのノウフクレートは残念ながら300円程で、現在、新潟県の最低賃金の
831円を大きく下回っています。高齢や大型機械が壊れたとの理由で「農業を止めたら、体力的にも金銭的にも大変楽になった」という話を最近よく耳にしますが、自らの年金を農業に注ぎ込んで百姓をしているのが中山間地農業の経営実態であるように思えます。
 一方、一昨年からUNEが取り組んできたヨモギのノウフクレートは1,000円を超える成果が
得られたことから現在積極的にヨモギ栽培に取り組んでいます。
 3K、4Kの仕事は誰もやりたがりません、出来れば人にやって貰えたらと思うのが人の常です。
出来るだけ「楽で、綺麗で、安全な労働環境」を望んでいます。では賃金が高い仕事が社会的に重要なのか?思うと、今、高賃金が得られる仕事である サービス産業、IT 知識産業などは人間が生きるために必要不可欠なものではないものばかりです。
ある経済学者に云わせれば、それらはブルシットジョブBullshit job』(待遇は良いが、無意味で不必要な仕事)と呼び、エッセンシャルワークのような実質のある仕事(リアルジョブ)の対語として述べています。
 ではそのリアルジョブの担い手である農業者をはじめとするエッセンシャルワーカーをどう安い賃金、低い地位から解放させるかがこれから大きな課題であると思います。
エッセンシャルワーカーは残念ながら自らの労働対価、価値をしっかりアピールすることができないのが現状です。まずは、ノウフクレートを活用し「労働工賃の見える化」に取り組み、社会、行政、JA
取引先等にしっかりアピールしていきたいと思います。  
 
2.梅の提供ありがとうございました。
 毎年皆様からご協力頂いている梅ですが、おかげさまで今年も数人の方からお声がけ頂き、梅を収穫させて頂いたり、丁寧に収穫して持って来ていただきました。今年は梅の当たり年か、昨年家老が枝打ちしたのが良かったのか、とても多く収穫する事ができました。梅の選別や紫蘇もぎ等の仕事も地元のおばあちゃんからお手伝いして頂き、大変助かりました。
 ウネでは頂いた梅で梅干しを作りその売上を利用者さんの工賃として活用させて頂いています。今年の漬けあがりは10月位になりそうです!
 ご協力頂いた皆さん、本当にありがとうございました!!
 
3.キッチンカー「畝家」カキ氷、醤油赤飯販売のお知らせ!
キッチンカー「畝家」が下記日程で道の駅ながおか花火館のイベント「越後いっぴん市 夏」でサラサラフワフワのかき氷と、大正糯で作るおこわを販売します。
 与板刃物の削り刃で削るサラフワな氷と砂糖未使用の甘味シロップ、越後姫の果実ジェレ、安田牛乳の濃厚クリームが織りなす極上のかき氷と数量限定で自家栽培の幻のもち米「大正もち」で作る「極上醤油赤飯」を是非お召し上がりに「ながおか花火館」までお越しください。
〇詳細(三日間共通)
日時:8月13日()から15日()10001600
場所:道の駅ながおか花火館 雁木市場
その他多数のお店が出店予定です!!
数量限定ですので、売り切れの場合はご容赦ください。
 
4.高校生を対象にしたボランティア講座がUNEHAUSで有ります!
 長岡市社会福祉協議会 長岡市ボランティアセンターが市内に在住または通学する高校生を対象としたボランティア講座を8月6日にUNEHAUSで行います。
 地域のひとと一緒に 自然と触れあいながら農園芸を行い、地域支援活動を学ぶ中でボランティアの体験や意義を感じてもらう内容で、定員は10名、参加費はお昼代600円となっています。
 詳しくは「トモシア」で検索し、トモシアのHPの新着情報から「夏休みボランティア講座のお知らせ」をご覧頂くか、長岡市ボランティアセンター(0258-94-5588)までお問い合わせください。
 
5.農福連携サポーター養成講座の受講生が
UNEHAUSで実習を行いました。
 農と福祉の間に入りその中間支援を行う人材を育てる「農福連携サポーター養成講座2021」の受講生がUNEHAUSで実習を行いました。1回目(78日)は紫蘇もぎと梅の選別調整、2回目(716日)はよもぎの採取と選別、調整作業を行いました。
 今年はUNEでの実習も行うようにした為、一緒に作業しながら農福連携サポーターの意義や考え方、仕事の仕方などを一層深く理解しあえる有意義な時間となりました。
 後期講座は82829日に上越で開催を予定しています。又、公開講座として
NHK趣味の園芸やさいの時間」の講師でお馴染みの藤田智先生の講義なども予定していますので、興味のある方はお気軽にUNE(0258-86-8121)までお問い合わせください。
公開講座を遠隔地にて視聴希望の方はパソコン等での環境が必要となります。
 
6.おばあちゃん達がお手伝いしてくれました!
春が過ぎ山々がにぎやかになってきた6月。ウネもこの時期は様々な仕事が目白押しですが、今年も地元のおばあちゃん達がUNEHAUSにお手伝いに来て頂き、
とても助かっています。
 採取した笹を、大きさや虫食いや変色の有無を確認しながら選別する作業や、
クロモジの葉の収穫、選別、梅の選別や調整等、主に座ってできる作業を中心に
お手伝い頂きました。
 UNEでは平日にお手伝いして頂けるボランティアの方を募集しています。色々な仕事が有りますのでお気軽0258-86-8121までご連絡ください。
 ボランティアでお手伝い頂いた方は美味しいうねご飯を御馳走します。
 
7.とちパルマルシェに参加してきました。
栃尾商会主催の夏のイベント とちぱるマルシェにキッチンカーで出店し 山菜おこわを販売しました。
 天気にも恵まれ栃尾市街の方々4~5百人の方々が集まり、夕方4時から6時半までの間、歌あり、演奏あり、踊りありの舞台と、畝家も含めた4台のキッチンカー、そして日用雑貨、飲み物、食事などを販売するテントなど10店舗が出店しての久しぶりの賑やかなお祭となりました。
 様々な方とお話もでき、人とのつながりを感じれたイベントでした。
 「新型ウイルスが落ち着いたら、ビアガーデンをやりたいね!」と主催者の方にお願いをしてきました。
 
8.村普請に参加してきました。
毎年恒例の大沢入(オオゾリ)地域の水路の草刈りが行われ、UNEも参加して
きました。
 7月4日の8時、担い手センターに終結した軽トラは、一斉に目的地に向け出発
しました。農家の担い手の高齢化で毎年参加者が減って来ていましたが、今回から
青年団の若手が4名参加してくれました。
 UNEの割り当て個所は、田んぼが最高地点にあることから水路の最上部でした。
例年人員配置の指示がなされていないため作業が困難で、作業の終了時間も最後
でしたが、今年は若手の方々はじめとする人員加配をして貰い、10時半過ぎには完了することができました。
 年配者でなければ作業の範囲や作業の手順が分からないのも大きな課題、年配の方々からしっかり引き継ぎをして次世代へバトンタッチすることが肝要と感じさせられた今回の村普請でした。
 
9.KS☆HAUS宿泊のお知らせ
今年も夏が来ました。昨年同様新型コロナウイルスの影響で、中々他地域からの往来が難しいかと思いますが、遠くの親戚の方やお友達が来訪された際は、是非一棟貸しのKS☆HAUSをご利用ください。布団やお風呂の準備、お部屋の掃除など、
お客様を迎える準備は大変かと思います。迎える側も来訪する側も気兼ねなく、安心してお墓参りや里帰りできるお手伝いが出来れば幸いです。
 宿泊は一人4,400円で11組のみのご利用としていますので、ご希望の方は
お早めにお申込みください。
 
10.
編集者後記
 一年遅れで東京オリンピックが開幕しました。異例ずくめの大会となりましたが、始まって、メダルをいくつか獲得する頃には今議論になっている事など些細な事だったと感じてしまうのではと思います。報道を見ていると、主催者や関係者、政治家の揚げ足取りに終始し「やってやろうぜ!」といった前向きな意見が少なく感じてしまいます。発信力の有るポジティブな政治家が
いてくれたら、少しは違ったのかなと感じ、彼らを選ぶ私たちの質が問われている事だと思いました。                78

うね日和7月web版

エッセンシャルワーカーとGAFA

「GAFA:ガーファ」という言葉を知っていますか?

 それでは、G:グーグル?A;アマゾン?F:フェイスブック?A:アップルは?と云えば聞いたことがあるのではと思いますが、ITを使った各種サービスを提供するアメリカの4つの巨大企業の頭文字です。

これらは世界のグルーバル化:資本や労働力の国境を越えた移動が活性化すると共に、貿易を通じた商品・サービスの取り引きや海外への投資が増大することによって、世界に於ける経済的な結びつきが強まって急速に拡大した企業ですが、食糧や製品を生産したりすることのない産業、所謂、ユーザーの個人情報を収集、管理してを得ている企業です。

コロナ禍の中、リモートワークと呼ばれる新たな働き方も出現しましたが、こちらはGAFAで代表される働き方のひとつです。

一方、医療・福祉・保育関係者、スーパーなどの小売業の店員、物流に関する配達員、トラック、バス、電車などの運転手、窓口担当の市役所職員、ゴミ収集員そして農家等、人が社会生活をする上で必要不欠なライフラインを維持するために感染の危険性と戦いながら働き続ける現場従事者の働きの重要性が再認識され、感謝を込めてエッセンシャルワーカー(生活必須職従事者)と呼ばれるようになりました。呼び名が変わったことで職業に対する価値観がこのまま変わり、IT並の所得が得られる産業になって欲しいと思うのですが???

 さて、6月、恒例の笹採りを4日間集中して行いました。悠久山に有る私の山で笹を採り、それをウネで近所の高齢者の方々から「枝切り、選別、笹の表面の拭きとり、50枚毎の輪ゴム留め、そして箱詰」をしてもらい

4日間で4万枚を出荷しました。みなさんから寸暇を惜しみ一生懸命やって貰った結果、売上高から経費を引き、それから作業に携わった人の数×時間で割り返した時給単価:(ノウフクレート)は480円足らず、新潟県の最低賃金:831円の57%にしかなりませんでした。結局、世間一般の倍の働かなければ、所得は追いつかないのが今の農業の現状です。

一方、GAFAのIT産業は全く生産することはありません。エッセンシャルワーカーのように汗をかいたり、肉体的に難儀したり、汚い思いをしたりせずに高所得を得ることが可能で、ITエンジニアは今、花形職業で優秀な人が就く仕事です。

農業はじめ工業などの生産産業は既に昔の産業、まさしく「働けどはたらけどなお、我が暮らし楽にならざり、じっと手を見る。」(一握の砂から)、幾ら働いても農業で得られる賃金は人並みに追いつかないのは、今も明治の昔も変わっていないのかと思います。

 

農業以外の働き場はITを含め幾らでもあるようになった今、そんな農業に参入する若者はいなくなるは現実かも知れませんね?                                                        家老 洋

 

 

 

梅もぎに行きます&お裾分けのお願い

 

 

毎年も梅もぎの季節になってきました。「歳をとって梅もぎが出来ないから採りに来て呉れや」との声掛けから始まった

UNEの梅干しづくり。利用者さんが手造りし、昔ながらの天日干しとしょっぱい味付けで沢山の方から喜ばれていますが、

近年梅が不足しています。

 梅の木が有って、梅の収穫をしない、できない、梅が落ちて汚れて困るような方がおられたら下記までお気軽にお声掛け下さい。旧栃尾市内であれば何処でも梅もぎに伺います。また、収穫した梅の「お裾分け」にご協力いただけたら有難いです。

 梅干しの売上については、利用者の方々の工賃として活用させていただいています。

 

お問い合わせは、ウネ(電話86-8121)までお気軽にどうぞ

 

731() 収穫祭開催

 

夏野菜の収穫時季です。河川敷のゴミ拾いを行い、枝豆、ジャガイモなどの収獲体験を行います!

採ったジャガイモはお土産に、枝豆はその場で茹でて皆で食べます。

 今年のお昼ご飯はこの上なく贅沢に、畑で採れたての夏野菜を天ぷらで食べます。

その他休憩中にはウネ特製のかき氷を振舞いますので、皆様のご参加をお待ちしています。

 

〇詳細〇

  ☆日   時:731日(土)930(受付915)~1330

  ☆場   所:千秋が原ふるさとの森公園管理棟前 集合 その後畑へ移動

  ☆参 加 費:大人1,500円、小学生700円、幼児無料

  ☆持   物:農作業のできる服装で水分、軍手、タオル等もご用意ください

  ☆備   考:収穫したじゃがいものお土産付き

  ☆募集定員:先着30

参加ご希望の方はウネまでお電話頂くか、une_aze@yahoo.co.jpまで

    メールでご連絡ください

 

福祉市民体験農園OasisRのお知らせ

信濃川河川敷左岸、日赤病院近くに開園している福祉市民体験農園OasisRの参加者を募集しています!昨年からは長岡市の大手スーパーの組合職員の方々も利用される等、徐々ににぎわい始めました。  

 

 畑や土いじりを行いたい方はお気軽にUNEに お問い合わせください。

 

 

お茶フェスin上越に出店してきます!

724日に世界最大級の無印良品のお店が有る上越市エルマールで開催されるお茶フェスin上越に 今回はキッチンカーでかき氷を販売しながらくろもじ茶を紹介してきます!是非お時間のある方はお越しください!!

 

笹採りとよもぎ採りに地域の方がお手伝い

 

614日から18日まで、UNEHAUSにて地域の方からお手伝い頂き、笹とよもぎの採取、出荷調整を行いました。

 お昼を食べに来ていただく方や、病院送迎サービスを利用されている方々が集まり、口と手を動かしながら一緒に作業を行った後は、皆でうねご飯を食べました。まるで昔の田植えや稲刈りのような、村総出のイベントの雰囲気で楽しく作業ができました。

 すぐに作業にも慣れて、予定していた量も達成する等、さすが人生の先輩と感心する事が多かった機会となりました。

 笹は笹団子や鱒寿司に使われ、よもぎは来年以降の試作品として薬草会社や昨年訪問した漢方のツムラへ納品し、今後の販売に繋げたいと思います。

 

 お家にいて時間の有る方は、是非UNEHAUSにお越しいただき、お手伝いして頂けるとありがたいです。詳しくはウネまでご連絡ください。

 

 

大平山の登山道の整備に参加しました!

一之貝、北荷頃、田之口、そして中の4集落の真ん中に聳える標高600mの

大平山の登山道整備作業に参加しました。

 65日は北荷頃方面から「大平山新緑会」が、66日には一之貝方面から

「一之貝山遊会」が登山道の整備を行うので両日とも参加をしました。

 5日の新緑会には納谷が参加し、事前のグループ分けで山頂班のグループに入りました。総勢6名で山頂から

草刈りや雑木伐採をしながら下山しました。初夏の気持ち良い登山と思っていたのは最初のうちで、日頃の

運動不足がたたり、最後は息も絶え絶えで登り切りました。コロナ禍ですが、沢山の方が参加者され、この地域の

コミュニティの力強さを感じた1日でした。(納谷)

 6日の一之貝区は若輩者の大谷が参加。草刈り用の少し柄の長い鎌と、雑木伐採のための鋸を腰に携え臨みました。(どちらも初めて手にする道具です。)この日はいこいの森駐車場付近をスタートし、五百山山頂を経由、大平山へ

向かうコースでした。車を降りるやいなやエンジン式刈払い機の勇ましい音が朝の清々しい山の中に響き渡り、

かなりの急斜面にも関わらず草を刈りながらどんどんと山の中を進んでいき、かなり重そうな雑木も息の合った動きで伐倒していきます。若輩者はそんなみなさんの姿に感激するばかりで草を刈る余裕はなく、最終的に柄の長い鎌は登山用ストックと化していました。大平山山頂付近からは現在私も住んでいる一之貝の景色が見え感動しました。

   来年は刈払い機を持って参加するぞと心に誓いました。がんばります。(大谷)

 

農福連携サポーター養成講座2021@上越の前期日程が行われました

 

 昨年は長岡市で開催した農と福祉を結びつける農福連携の人材育成講座を

今年はブラシアップし、前期と後期に分けて開催。6月2021日に上越市にて、

前期日程が行われました。コロナ禍で様々な制約が有る中、上越市を始め

県内各地から15名の受講者が集まり2日間、農福連携の基礎から実際に

農場で行ったロールプレイング等、実践的なカリキュラムで充実した講座と

なりました。

 特にロールプレイングでは実際に上越市の農家に協力して頂き、各受講者が

農家役、サポーター役、指導員役、利用者役にオクラの収穫と出荷調整作業を

行う実学が体験できた他、受講生同志の距離も近くなり、「仲間づくり」もできたように感じた講座でした。

 後期は8月後半に同じく上越市で行う予定となっていて、今から受講生と会える事を楽しみにしています。なお、後期はテレビでもおなじみ、趣味の園芸講師の藤田智先生の講義も公開講座として予定していますので、お気軽に

  ウネまでお問い合わせください。

 

【編集者後記】

 昨年のうね日和を見直した所、昨年のこの時期に「ウイルス禍も落ち着き始め」と書いていました。それから一年、ここまで

長引く事はあの頃想像していませんでした。長岡市でもワクチン接種が進んでいますが、右に倣えのやり方を見ていると

市役所職員の苦労も分かるのですが、もう少し地域に寄り添ったやり方が有ったのかなぁと思います。中越地震の際家老が

感じたように、非常時には本当に力添えの必要な方、今回でいえば一人住まいの高齢者や情報弱者の方、耳が遠く

電話での会話に苦労する方などの事を考えた施策だったのか不思議でなりません。外野が勝手な事を言って(書いて?)

恐縮ですが、政治も含めた行政が今回の事をしっかり記録、検証し、今後の教訓として生かしてくれることを切に願います。                                                                                     

 

                                                                                      78

ダウンロード
2021 うね日和7月号.pdf
PDFファイル 938.2 KB
ダウンロード
2021 うね日和6月号.pdf
PDFファイル 913.2 KB
ダウンロード
2021 うね日和5月号.pdf
PDFファイル 951.3 KB
ダウンロード
2021 うね日和4月号.pdf
PDFファイル 815.4 KB
ダウンロード
うね日和 3月号
2021 うね日和3月号.pdf
PDFファイル 751.8 KB

うね日和2月号

ダウンロード
2021 うね日和2月号.pdf
PDFファイル 1'020.4 KB

うね日和 新春号 2021年1月号

ダウンロード
2021 うね日和1月号.pdf
PDFファイル 962.0 KB

うね日和12月号

ダウンロード
2020 うね日和12月号.pdf
PDFファイル 873.6 KB

うね日和11月号

ダウンロード
2020 うね日和11月号.pdf
PDFファイル 913.6 KB

うね日和10月号

ダウンロード
うね日和10月号
家老コラム
イベント情報
農福連携サポーター養成講座の報告
2020うね日和10月号.pdf
PDFファイル 1'012.1 KB

うね日和9月号

ダウンロード
2020 うね日和9月号.pdf
PDFファイル 590.3 KB

うね日和 2020年3月

ダウンロード
unebiyori202003.pdf
PDFファイル 707.8 KB

うね日和 2020年2月

ダウンロード
unebiyori202002.pdf
PDFファイル 669.6 KB

うね日和 2020年1月

ダウンロード
unebiyori202001.pdf
PDFファイル 732.4 KB