私たちUNEは障がい者も高齢者も、そして健常者も若者も、

全ての人が人間らしく、誇りを持って一生安心して暮らせる持続可能な

“ユニバーサル社会”を農園芸作業を通じて構築発展させていくことを目指します。

 

ふるさと納税返礼品、UNEの商品もどうぞ

 

地域活動支援センターUNEHAUSの日記

2018年

8月

15日

秋の大祭

 一之貝の秋の大祭が午後執り行われました。子ども神輿と大人神輿が村中を練り歩き、その後、一之貝諏訪神社にて神事が執り行われ、そして直会(なおらい):参加者による懇親会が担い手センターで、夜は盆踊りがセンター前の広場で行われました。

 300kgもある神輿を担ぐ若い人も居なくなり、毎年、ボランティアでやってくる学生や、これまでのボランティアのOB、OGも首都圏から駆けつけてくれました。

 日差しの強い30度を超す暑い中、担ぎ手もそして神輿追随するお祭り関係者も汗まみれになって村中を練り歩きました。今年は格別に「あっちぇ~:暑い」お祭りになりました。

続きを読む

2018年

8月

15日

御霊祭り

 一之貝のお隣の集落 北荷頃で午前中住民総出で御霊祭りが執り行われました。このお祭りは浅間神社(地滑りを鎮める神社)のご神体「コノハナノサクヤヒメ:木花咲耶姫」を安置されている「曹源寺」から山の上にある『浅間神社』に遷移するお祭りで、丁度お盆のこの時期に行われています。

 今年は、ご神体を運ぶ立派な神輿が完成し、そのお披露目も兼ねてのお祭りになりました。天狗や奴を先頭に稚児の列そして神輿の順で行列を作り村中を練り歩きました。

 老若男女総出のお祭り、帰省された方も顔を出され、村が一番に賑わう一日となりました。

続きを読む

2018年

8月

14日

今日のお客さん

 UNEの理事の保科さんの息子さんが帰省されたとのことで挨拶に来られました。

 UENの棚田を案内させて貰い、中山間地の農業の大変さをお話させて貰いました。

 仕事の関係者へのお土産ということで、どぶろく雪中壱乃界を沢山買っていただきました。

 

続きを読む

2018年

8月

13日

旱魃

 今年は空梅雨で殆ど雨が降らず、今日、漸く恵みの雨が降りました。

 しかし、これまで大事な時季に水がなかったため本来出穂しなければらないこの時季なのに、背丈も伸びず、出穂が遅れることで、温度が足りず実も登熟しないまま秋を迎えるのではないかと予想されます。

 天水と山の湧き水に頼っている棚田は、雨が降らず水がなければどうにもなりません。頼みの溜池も水位が足りなくなり大変な状況になっています。

 春先からの努力が全くの水の泡となってしまいそうです。これまで6年間稲作を続けて来ましたが、今年は一番の不作の年となりそうです。

 後継者不足、米価の低迷、水不足、そして満足な所得が得られない中山間地農業の往く末が危ぶまれます。

 稲を作って「いいね!」にはならないですね?

2018年

8月

09日

今日のお客さん

※この写真は360度カメラで撮影しました。

続きを読む

2018年

8月

07日

ドローン講習

 8月7日、8日と仙台市で開催されたドローンの講習会に参加しました。

 ドローンを飛行させるには様々な法律、規制がありそれをしっかり学ぶと同時に、空を飛ぶ物ですの万が一の事故も想定し、しっかりとした操作技術を身につけることを目的に受講しました。

 受講者は私を含めて3名の少数精鋭?の面々、半日の座学の後、1.5日の操作訓練が行われました。

 天気の影響を受けない倉庫内での訓練、狭い空間での操作でしたので何回か壁にぶつけたり、網にプロペラを絡ませたりしてドローンを墜落させてしまいましたが、機体の損傷は多少ありましたが、その後の飛行には問題はなく所定の訓練時間3人でみっちり練習できました。

 屋外での訓練が出来なかったのが一寸残念でしたが、一之貝の山中はDID(人口集中地区)に指定されていないので、許可がなくても飛行可能とのことなので、素晴らしい画像、映像が撮れるようこれからしっかり練習したいと思います。

続きを読む

2018年

8月

06日

KS☆HAUSの看板

 特例子会社夢ガーデンから製作してもらったKS☆HAUSの看板が出来上がり、本日設置しました。味のある文字なので人を呼び込む看板になって欲しいと思っています。

 外壁工事も完了し新装オープンします。機会があったら是非ご利用ください。

続きを読む

2018年

8月

06日

今日のお客さん

 今日は、障害者就業・生活支援センターこしじのNさんがお越しになられ、障害者の就労支援に関しての意見交換を行いました。

 障害者就労・生活支援センターは障害者福祉関係者の間では「名前の 就労と生活の間に・があるので通称「中ポチ」と呼んでいるのは驚きました。

【感想・意見】

 さて、障害者の就労環境は以前に比べ随分改善されたと思いますが、雇用側の障害者や障害に対する理解はまだまだのようで、障害者の実習やトライアル雇用などを通してお互いの理解を深める必要があると思います。

 雇用側は障害者の雇用制度などをしっかり学び、それらの制度を上手く活用しながら、障害の特性、障害者の個性を理解することで、よりスムーズな雇用が出来るかと思います。

 先月は障害者施設サービス管理責任者の講習会に参加してきましたが、障害者福祉業界の専門用語や横文字が多用され、私のような福祉を学んだことのない初心者にとっては、なかなか理解できない言葉が多いのには閉口しました。

 いずれにしても、様々な人たちの理解を求めるの障害者福祉関のであれば、関係者は、もっと分かりやすい日本語を使うように努力すべきかと感じていますが?如何思われますか?

続きを読む

2018年

8月

04日

今日のお客さん

 今日は東京からのご家族一行、そして埼玉からの友人が訪問されました。

 ドローンによる撮影飛行をご覧になり大変興味を持たれた様子でした。

 精神障害者のデーケアーやハンディキャップのある方々の教育のお話など多岐にわたるお話ができ有意義な時間が持てました。

 UNEの活動もも理解いただき、今後、UNEの産物を購入することでご支援いただけるとのこと、本当に嬉しく感じました。

続きを読む

2018年

8月

03日

クロモジ工房

 クロモジ工房が正式にオープンし見学者を受け入れました。

 工房ではクロモジ茶の製造及びクロモジを蒸して、その蒸気からクロモジオイルを抽出し、そして油と一緒に出た水をフローラル・ウオーターとして今後様々な商品に活用して行こうと思っています。

 人数が集まれば、工房にてクロモジ茶の講座も開催する予定とています。

 興味のある方は是非お問い合わせください。

続きを読む

2018年

8月

03日

今日のお客さん

 女性差別解消のために活動されている東京のNPOの会員の方々がUENHAUSを訪問され、どぶろく工場、クロモジ工房、そしてUNEの棚田を見学されました。種田見学の合間にクロモジを採取しお土産に持って行かれました。

 空梅雨でほとんど雨が降らないため、天水や湧き水に頼っているカラカラに乾いている棚田を見学され、中山間地域での農業の大変さを理解してもらいました。

続きを読む

2018年

7月

27日

ドローン初飛行

 今日はUNEのスタッフに初めてドローンをお披露目しました。これからドローンを使って、一之貝や荷頃地区の素晴らしい風景を撮影して、どんどん発信していきたいと思っています。

 機材もカメラもなかなかのもので、良い結果が期待できそうです。

 来月には1泊2日の研修に参加し、しっかりと飛ばし方を学んできます。

 是非、一度ドローンを見にウネハウスへお越しください。

                                     家老洋

続きを読む

2018年

7月

24日

『福祉・市民 体験農園』

 UNEが運営する『福祉・市民 体験農園』 OASIS Rの空撮をしてもらいました。日赤病院もしっかり写っているので、位置も一目で分かります。

 これから様々な方々が集まって貰えるような河川敷の市民農園に育てていきたいと思います。

続きを読む

2018年

7月

23日

今日のお客さん

 今日は見附市と三重県四日市市からのお客さんがお越しになられました。

 昼食後万歩計の話になり、健康増進のプログラムを先進的にやって来た見附市の制度と後追いの長岡市の制度について比較しました。

 どちらが良いかは?やっている当人が決めることかと思いますが、残念ながら長岡市民は見附の制度を,逆に見附市民は長岡市の制度を使えないは致し方ないことと思いますが「健康増進は国の目標でもあるので、市町村の垣根を越えた乗り合いなどができたら?な~」との結論になりました。また、万歩計を持たれていない方も是非これからチャレンジしたいという結論にも達しました。万歩歩いて100歳まで元気で生きて行けたら!と思います。

2018年

7月

21日

うどん流し

 炎天下の中、みんなで恒例のうどん流しを行いました。うどんだけではなく、ラーメン、素麺、ワンタンから、キューリ、トマト、ゆで卵、そしてマシュマロ、グミ等の奇抜なものまで竹樋を流れて来て、みんなワイワイ楽しんでいました。北アフリカのチュニジアからの家族も参加され、楽しいイベントとなりました。

続きを読む