UNEの理念

私たちUNEは障がい者も高齢者も、そして健常者も若者も、 全ての人が人間らしく、誇りを持って一生安心して暮らせる 持続可能な“ユニバーサル社会”を農園芸作業を通じて 構築発展させていくことを目指します。

UNE・荷頃地区の宿泊紹介ビデオ

2020年10月にUNE・荷頃地区に取材した紹介ビデオができました!

ばぁちゃん達の素敵な笑顔が印象的な素晴らしい出来です!!


入門視頻

 UNE  PV  


地域活動支援センターUNEHAUSの日記

今日のお客さん

 昨日、わざわざ富山県射水市から農福連携の同志のHさんからお越しいただき、農福連携、地域福祉のあり様について夜通し意見交換させていただき、今朝はUNEの田んぼや畑、そしてクロモジ工房、どぶろく工場などを見学していただきお帰りになりました。

 私と同じ歳なので若かりし頃の話:互いの武勇伝で盛り上がり楽しい時間を過ごしました。今後連携してノウフクを推進していきたいと思います。

 今から再会がたのしみです! 

水路の草刈り

 一之貝では用水路のことを「堰:セキ」と呼んでいます。

 UNEの田んぼに用水を供給している堰は、用水取り入れ口:堰から延長1km程あり、その水路の草刈り、水路を覆う木々の伐採を7人で行いました。昨年諸事情で草刈りが出来なかったため水路脇の通路はブッシュ状態でした。

 水路の延長の半分以上が土側溝のため水流は穏やかでありますが、所々で溢水する始末、しっかりとした補修工事をしなかればならないと思うのですが?

 以前は、5戸の農家が出ての草刈りでしたが、今回の草刈りはUNE1軒でUNEのスタッフのみ、今後どうなることやら?

 下流部の条件の良い田んぼがどんどん捨てられる中、上流部の手のかかる田んぼを捨て下流部に移ろうか?

 米価は年々下落し、イノシシ、クマ、サルが出る山の田んぼ、そして畔(クロ)の草刈りや水路の江浚いなどを考えると?戸惑うばかりです。

梅もぎ

 今年は梅の生り年、うね日和で「梅をください~」とお願いしたら多くの方々から声がけして貰い、沢山の梅を採らせて貰いました。

 採って来たら大きさ毎の選別、そして熟成、水洗い、塩漬け、そして紫蘇を入れての本漬け、そしてどようの3日干し、手間暇かかる代物です。

 UNEの梅干しは「昔ながらの梅干し」と銘打って、紫蘇と塩しか入っていない塩ずっぱい~梅干し。

 おにぎりやまんまと一緒に食べると「ばかうま」、最近、農協の直売場なじら~てでのヒット商品となっています。

 是非、一度ご賞味ください。当然、UNEHAUSのうねご飯の時、食べることができます!

IKUREYA1908HAUS

  一之貝の高台に聳えるIKUREYAHAUS:イクレヤハウスは、西暦1908年イチキュウゼロハチ:イクレヤに建てられ現在113年の古家です。今回、近所の方々から綺麗に掃除して貰い見違えるほどになりました。

 高台の大きな家で風通しも良く涼しい風が入るので、この夏はみんなで「昼寝」でもしようか?と計画しています。

続きを読む

村普請

 毎年恒例の大沢入(オオゾリ)地域の水路の草刈りが行われ、8時、担い手センターに終結した軽トラは一斉に目的地に向け出発しました。農家の担い手の高齢化で毎年参加者が減って来ていましたが、今回から青年団の若手が4名参加してくれました。

 UNEの割り当て個所は、田んぼが最高地点にあることから水路の最上部、例年、人員配置の指示がなされていないため難儀をし、そしていつも作業終了は最後でしたが、今年は、若手の方々はじめとする人員加配をして貰い10時半過ぎには完了することができました。

 年配者でなければ作業の範囲や作業の手順が分からないのも大きな課題、年配の方々からしっかり引き継ぎをして次世代へバトンタッチすることが肝要と感じさせられた今回の村普請でした。

 昨日の熱海市の土石流による大災害は、山、水路、農道の管理が行き届かなくなったことが最大の原因であると思いますが、毎回繰り返して報道されることは「記録的な降雨」ばかりです。

 自然災害よりも人間の管理不行き届きである「人災」であるということを認識し、政治、行政の「怠慢?」を認め、農業、林業を通じての国土保全を推進すべきかと思います。

続きを読む

柿木を切りました

 昨年かクマが頻繁に出没しているため、長岡市は獣害対策の一環で集落内の柿木の伐採作業等に対して補助をしてくれるので、昨日、今日と2日間でUNEHAUSと納屋の間にある渋柿の木を切って貰いました。

 先代が植えた大事な柿木だったと思うのですが、昨年は一之貝で4頭ものクマが捕獲されたので、行政の指導に従い伐採して貰いました。

 クマと人との棲み分けが出来たらと願っていますが???

続報 ヨモギハムシ

 コガネムシ、テントウムシに似た黒い虫「ヨモギハムシ」が今年は大発生、栽培しているヨモギを食べ、そして黒い糞をまき散らし、収穫不能に陥るほ場も出始め頭を痛めています。

 テントウムシのように飛ぶのか?と思ったのですが、触れても飛んで逃げたりはせず、なんの抵抗もせずに地面にポトリと落ちるのが生息する秘訣なのかも?

 少しでも被害が出たら直ぐに被害のないヨモギを刈り取るべく、毎日観察のためヨモギ畑を見回らなくては!と思っています。

とちぱるマルシェ

 栃尾商会主催の夏のイベント とちぱるマルシェにキッチンカーで出店し 山菜おこわを販売しました。

 天気にも恵まれ栃尾市街の方々4~5百人の方々が集まっり、夕方4時から6時半までの間、歌あり、演奏あり、踊りあるの舞台と畝家も含めた4台のキッチンカー、そして日用雑貨、飲み物、食事などを販売するテントなど10店舗が出店しての久しぶりの賑やかなお祭となりました。

 コロナ禍の影響で飲食は持ち帰りのみに限定され、その点、ちょっと寂しいマルシェでしたが、私にとっては、いろいろな方々とお話しでき大変有意義なイベントとなりました。

 「来年はビアガーデンが出せたらいいな!」と主催者にお願いし、山菜おこわを完売しました。

またね!

 地域おこし協力隊を希望し、お試し体験の京都立命館大の4年生NSさんが、2泊3日のインターンシップを無事修了しました。

キッチンカーの仕込み、販売、片付け、ヨモギの処理、梅の調整、千秋が原 体験農園での草取り、そしてヨモギの収穫などいろいろな体験をし、忙しいじゃったが充実した滞在であったとの感想でした。

 農業の大変さ、農村が抱える課題を学んでくれたと思います。またの来訪を待っています。

協力隊希望!

 地域おこし協力隊員を希望する大学生NSさんが、市役所の戦略部のSさんと一緒に来会されました。

 NSさんは、今週金曜日の夕方まで2泊3日で一之貝に滞在し、UNEの関連施設を見学すると共に、明日はキッチンカー、梅の収穫手伝い、明後日、金曜日は千秋が原の畑の手伝いをUNEのスタッフと共にして貰う予定としています。

 若さ溢れるNSさんにUNEにスタッフ一同期待しています。


さとやま一之貝 Promotion Video

UNEと一之貝のビデオが出来上ました。ドローンで撮った映像も沢山あります。映像時間は17分

ふるさと荷頃 Promotion   Video

曹源寺の行事や北荷頃のドローン映像等、北荷頃が良く分かる9分のVTR


ICHINOKAI”THE”KUROMOJI HP
ICHINOKAI”THE”KUROMOJI HP
福祉市民体験農園 Oasis R  HP
福祉市民体験農園 Oasis R HP

北荷頃一之貝軽井沢集落連携促協議会HP



 

ふるさと納税返礼品、UNEの商品もどうぞ