UNEの理念


 私たちUNEは障がい者も高齢者も、そして健常者も若者も、全ての人が人間らしく、誇りを持って一生安心して暮らせる持続可能な“ユニバーサル社会”を農園芸作業を通じて構築発展させていくことを目指します


さとやま一之貝 Promotion Video

UNEと一之貝のビデオが出来上がりました。ドローンで撮った映像も沢山あります。映像時間は17分です。(2019.1.9)

ふるさと荷頃 Promotion Video

曹源寺の行事や北荷頃のドローン映像等、北荷頃が良く分かる9分のVTRです。



UNEからのお知らせ

農業共済新聞の2019年9月2週号にUNEのどぶろくが掲載されました。

詳しくはメディア記事のPDFをご覧ください。

2019年9月2日

天水棚田コシヒカリ「純」のセールを開催します。

白米5kg、通常4,780円の所、送料、消費税込みで3,800円にてお届けします。(遠隔地は別途追加料金を頂きます。)

限定60セットでの売り切りとなりますので、お早めにどうぞ。

ご注文は下記ボタンからおすすみください。

2019年8月28日

消費税の税率変更に伴う価格変更のお知らせ

 10月から施行されます消費税の税率変更に伴い商品の価格変更を店頭では10月1日開店より、HP上は11時に変更を致します。現在の内税方式から外税方式に切り替えを行います。

 又、長らくワンコイン500円にて提供をさせていただきました「うねご飯」も10月1日からは600円とさせて頂きます。

 皆様にはご理解と変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

ICHINOKAI”THE”KUROMOJI HP
ICHINOKAI”THE”KUROMOJI HP
福祉市民体験農園 Oasis R  HP
福祉市民体験農園 Oasis R HP
北荷頃一之貝軽井沢集落連携促協議会HP
北荷頃一之貝軽井沢集落連携促協議会HP

地域活動支援センターUNEHAUSの日記

2019年

9月

19日

ヨモギ苗起こし

 午後、インターン生5名とスタッフ7名の計12名でヨモギの苗を起こし、2,000㈱の苗を採取しました。そして来週植え付けする畑のUNE(畝)立てをしました。

 一人では辛い仕事も大勢でワイワイれば楽しい作業、あっという間に予定作業も終わり、終わった時間で相撲大会もやり随分盛り上がりました。

 私もスタッフも若者と一緒になると、自ら知っていることを教えたくなり、そして見本を見せなければ!と知らずのうちに張り切り、作業効率も上がり一石二鳥です。

 高齢化の進む集落に若者が来て一緒に作業することで、地域の活性化が図れると確信した半日でした。

 

続きを読む

2019年

9月

18日

インターン生

 関西の立命館大学の経済学部3年生の学生5名が、月曜日から金曜日の予定でUNEにインターンに来ています。

 今日は地元の方を呼んで意見交換を行い、その後、懇親会をしました。

 5人全て公務員志望で、過疎対策、村の活性化、都市農村交流などにテーマに掲げUNEにやって来ました。真面目で実直な若者ですので、是非、夢を持って社会の為に活躍してくれることを期待しながらみんなでエールを送りました。

 意見交換会では、「村の活性化とは?」多くの人達が村に来ることではなく、そこに住む人達が幸せを感じること。

 「村の宝とは?」景色や名所旧跡ではなく、そこに住む人達の魅力、資質であることと纏めました。

 様々な方々と交流することで、村の方々の資質が向上することで、自ら幸せを実感し、そして、資質あり魅力ある人達が増えれば、大勢の人がその幸せの村人を慕って集まって来ることで、村の活性化が図れるのかな?と思います。

 

続きを読む

2019年

9月

18日

今日のお客さん③

 國學院大學院生のTさんが、ふるさとの昔話、そして栃尾地域の民族学を学びに来られました。丁度インターン生と地元の方々との意見交換・交流会があったとので、それにも同席され、郷土料理や冠婚葬祭、そして日頃の生活などについて、お爺ちゃん、お婆ちゃんに聞いて行かれました。

 栃尾の風俗習慣を資料として残して貰えたらと思いました。

続きを読む

2019年

9月

18日

今日のお客さん②

 クロモジに興味があるとはるばる東京からWさんが来られ、クロモジ採取やクロモジ工房などを見学されました。また、クロモジについての情報交換もさせて貰いUNEにとっても大変参考になりました。

 クロモジで繋がる縁、クロモジも一之貝の宝ですね!

続きを読む

2019年

9月

18日

今日のお客さん①

 JA越後ながおかの月刊誌「e-na イーナ」の取材で企画課のNさんが来られ、農福連携の取り組みや、UNEの活動について取材して貰いました。

 立命館大学からのインターン生も同席し、中山間地の集落の活性化などについても意見交換しました。

続きを読む

2019年

9月

17日

今日のお客さん②

 UNEの設立以前から私の地元でお付き合いさせていただいているMさんとMさんお友人Sさんが来られました。Mさんのご主人は1年間UNEHAUSで働いて呉れ、その後、7年前に設立された緑水工業の障がい者雇用に特化した特例子会社「夢ガーデン」に転職され、現在も特例子会社夢ガーデンの主力スタッフとして頑張っておられます。

 

続きを読む

2019年

9月

17日

今日のお客さん①

 日本政策金融公庫のYさんが来会され、長岡市内の経済状況やUNEの活動などについて意見交換させて貰いました。

続きを読む

2019年

9月

17日

水路管理

 インターン生5人とUNEのスタッフ4人の計9人で、3班に分かれて用水路の江浚いと草刈りをしました。近年田んぼを止める人が多く、これまで6戸でやっていた水路の管理も今は2戸でやらなければならなくなり、管理も疎かになっていました。

 今回、インターン生に手伝って貰い半日掛けて延長1km程の水路の管理・点検をしました。

 葛の蔓葉が生い茂り、水路も見えなくなっている箇所もあり、重労働でしたが、初めての経験にもかかわらずインターン生みな頑張って対応してくれました。

 「若いときの苦労は、難儀はいつまでの思い出に残り、自信に繋がる。」そんな事を私はつぶやきながら、彼らを励まし、重労働を手伝ってもらいました。よかった!よかった!そして、ありがとう!

続きを読む

2019年

9月

14日

ノルディックウォーキング

 晴天の下、信濃川河畔の土手を長岡ノルディックウォーキングクラブの60名の方々と一緒にやく5kmの道程を1時間ほど掛けて闊歩しました。

 途中、UNEの『福祉・市民 体験農園』のコスモスを皆さんに紹介し、農園の利用についてPRしました。

 年配の方々が中心で、みなさんウォーキンで鍛えておられる元気溌剌の方々ばかりでした。

続きを読む

2019年

9月

13日

今日のお客さん

 今日は長岡市役所地域振興戦略部から2人、栃尾支所の地域振興課から2人、そして大学生と専門学校生のインターン生2人がUNEの活動見学に来て呉れました。そして倫理宏正会の会員の方2人がお越しになられました。

 インターン生は当然公務員志望、一之貝はじめ中山間地域が抱える地域課題、農業問題について話をさせて貰いました。

 行政マンを志す2人に大きなエールを送ってお別れしました。

続きを読む

2019年

9月

11日

今日のお客さん

 今日は長岡の中心市街地の坂之上コミュニティセンターからKさんとEさんがお越しになり、ハローウィン用のカボチャを購入されました。

続きを読む

2019年

9月

09日

今日のお客さん

 今日は長岡の中心市街地で障がい者の就労支援事業を展開されている希望の会 福祉会のM理事長はじめ4人の方々がお越しになり、農福連携のことそして今後の連携体制について意見交換させていただきました。

 4人の方々全てが福祉の資格を持っておられる方々で、色々と示唆に富むアドバイスをいただきました。

 

続きを読む

2019年

9月

08日

埼玉福興

 今日は農福連携に取組んでいる埼玉福興の新井利昌社長をお招きして、農福連携を通じた地域おこしについて、福興の取り組や.都市住民との交流、『福祉・市民 体験農園』を使った教育事業などについてお話しを伺いました。

 東京近郊の熊谷市と長岡、そして栃尾の山中での取り組は随分違いはありますが、目指すものは一致していますので、様々な角度からの意見交換もさせて貰いました。

 キーワードは、ソーシャルファーム、有機農法・有機的繋がり、アジアGAP、働くことよりも日々の生活がより重要、エディブルスクールヤードなど示唆に富んだワードを教えて貰いました。

 今後、埼玉福興と何か協働してやれることを見つけて,地域連携していきたいと意気投合しました。

 研修会終了後、信濃川河川敷の『福祉・市民 体験農園』を見学して貰い、都市住民の農園芸を通して学ぶ場として活用して行ったら良いとアドバイスいただきました。

 

続きを読む

2019年

9月

06日

悲しい別れ

 2ヶ月に一度、市内の病院の送迎していた89歳のGお爺ちゃんが、月曜日に畑仕事の最中に急逝され、本日,葬儀が行われ、一之貝も村人50人余りが「野辺の送り:出棺の見送り」に参列されました。

 先週元気に動いている姿を見ていたので、突然のお別れにビックリしました。

 1年前まで自分で運転して通院されていたのですが、UNEの送迎サービスを活用されるようになり、耳が遠く心配なので、毎回私が送迎していました。

 頭はしっかりしておられたので、病院への行き帰りは、昔の一之貝や自分の仕事の話などを聞かせて貰いました。

 お爺ちゃんが亡くなられたので、これからお婆ちゃんの1人住まいとなります。一昨年大病され手術をされ1人住まいは大変かと思われます。「UNEで何か出来ることがあれば!」とお婆ちゃん、そして県外で暮らしている子どもさん達に声掛けしました。

続きを読む

2019年

9月

06日

農福連携

 農林水産省北陸農政局新潟拠点で第1回の「新潟県農福連携推進連絡会議」が開催され、オブザーバーとして参加し、UNEの取り組の発表、そして農福連携に対しての提案をさせて貰いました。

 労働局、そして新潟県、新潟市の農業、福祉,そして障がい者教育の関係部署、JA、医療福祉大学の関係者と福祉法人、農業法人などの有識者が一堂に会して、これまでの新潟県内の農福の取り組について確認すると同時に,今後のあり方、進め方等について意見交換しました。

 まだまだ認知度が低い『農福連携』ですが、会議終了後の懇親会では、みなさんやる気満々でしたので、これからどんどん進んで行くことを期待しています。

続きを読む

 

ふるさと納税返礼品、UNEの商品もどうぞ

 

みんなの産直にも掲載してもらいました。産直商品が多数掲載されていますよ