私たちUNEは障がい者も高齢者も、そして健常者も若者も、

全ての人が人間らしく、誇りを持って一生安心して暮らせる持続可能な

“ユニバーサル社会”を農園芸作業を通じて構築発展させていくことを目指します。

 

ふるさと納税返礼品、UNEの商品もどうぞ

 

地域活動支援センターUNEHAUSの日記

2018年

7月

11日

民泊開業

 先週末にKS☆HAUSの消防設備設置工事が終わり、一昨日、栃尾消防署からの立会い検査があり、そして本日「消防法令適合通知書」をいただき、正式に民泊を開業することが出来るようになりました。

 一昨日から外壁の張り替え工事が開始されたので、本当に泊まれるのか?と聞かれたお隣さんもおられましたが、工事は外壁工事が中心で内部工事はほんの一部ですので、宿泊を希望されるようでしたらお気軽に特定非営利活動法人UNE(☎0258-86-8121)までご照会ください。

 新子地域の拠点になれたらと思います。

 

続きを読む

2018年

7月

08日

敬老会

 今日は毎年七夕の時季に開催しされる荷頃地区敬老会に招待されました。

 130人を超える高齢者(75歳以上)の方々を地区全体でお祝いしようということで、5集落(北荷頃、一之貝、軽井沢、比礼、本津川)の役員の方々が企画、準備、そして運営をされ、送迎からテーブル設定、アトラクションの進行、そして給仕まで大活躍の1日でした。

 久しぶりに会う親戚や学友にみなさん時間を惜しんで歓談されていました。

 また来年七夕のこの日に元気で会いましょう!と誓い合ってお別れしました。

続きを読む

2018年

7月

05日

視察研修2

 今日は、東京世田谷の東京農大に隣接する世田谷ファミリー農園を視察しました。一区画3m×5mの狭い区画ですが、立地条件の良さから大勢の方々の応募があり抽選で利用者を決めているとのことです。しかし、都市部での農園は様々な課題も抱えており、近隣住民との間で、土埃や、早朝の騒音、車や自転車の路上駐車、道路の汚れ、そして農園内の課題としては、隠れ利用者(1人複数の区画を耕作する)、耕作放棄等、世田谷区から指定管理を受けいる世田谷サービス公社に寄せられるとのこと。現場の方々の苦労を聞かせて貰いました。

 こんなに狭いところではなく、私たちの信濃川の『福祉・市民 体験農園』へ是非!と宣伝しましたが?

 正にファストフードと同じ様に「安・近・短」がまだまだ幅を利かせている都会志向を垣間見たような気がしました。

続きを読む

2018年

7月

04日

視察研修

 今日は1泊2日で埼玉県鶴ヶ島、川越、そして東京都世田谷へ『福祉・市民 体験農園』の視察研修に職員そしてボランティア12名で出掛けました。

 鶴ヶ島では、これまで交流をしてきましたNPOカローレを訪問、地域のたまり場や子供食堂を目的に開設された食堂を見学、地域の活性化を目標にした取り組みを勉強しました。

 川越では、既に16年もの歴史のあるNPO法人土と風の舎(代表 渋谷さん)が運営している「こえどファーム」を見学しました。子供から高齢者まで幅広い世代を対象にした農園を舞台に実施されている活動に皆感嘆しました。スタッフが無理をしない、利用者をお客様扱いしない、皆で一緒にやって行くという姿勢を学びました。

 長岡出身のKさんも特別に来園していただき、長岡の話で盛り上がりました。

続きを読む

2018年

6月

29日

今日のお客さん

 今日は手話の会の方々と、お母さん(既にお亡くなりになっている)の実家が一之貝で、子供の頃1回だけ電車に乗って遊びに来たことを思い出し、70年振りに一之貝を再訪されたご姉妹がお越しになられました。

 ご姉妹は共現在新潟市に住んでおられ、お姉さんが、たまたま新潟市の市民講座で「比礼の案山子コンテスト」の話を聞いた時に『一之貝』の名前を聞き昔のことが思い出され、それ以来居ても立ってもいれなくなり、今回の訪問になったとのことです。

 美味しいご飯を沢山食べ、そして美味しい空気と清水、きれいな風景に感激され再訪を誓って長岡駅まで送ってお別れしました。

 一之貝や荷頃そして栃尾と関係のある人たちの拠り所としてUNEHAUSを利用して貰えたらと思います。

続きを読む

2018年

6月

26日

河川安全点検

 2年前に河川協力団体に指定された縁で、半日、信濃川の長生橋から長岡大橋までの間約2.5kmを右岸、左岸を役所、管理委託業者そして河川協力団体からの担当者の計20人で行いました。

 最高気温が32度に上がり、今年最高の暑さになりましたが、倒れず元気に4時間の点検を終えることが出来ホットしました。

 草茫々の所もありましたが、8月2日3日の花火大会を控え,きれいに除草されている所もありました。

 一緒に点検した信濃川河川事務所の方のお話では、信濃川の河床は以前に比べ下がっているとのこと、堰や砂防ダムなどの治水事業が進んだため上流部の岩や土砂の流入が少なくなったことが要因とのことでした。

 また、4年前に完成した長生橋下流部左岸の花火見物用の広場(標高21m)の洪水確率は5分の1で、5年間の内に1回水が付くとのこと。左岸側にあるUNEの『福祉・市民 体験農園』の標高は22mなので同様であると確認しました。これまで3年に一度と言っていたことを訂正しなかればとならないと思いました。

 以前、親水事業の一環で作られた施設や構造物等も時代の変遷で管理されず放置されているのを見るにつけ、一寸残念かつ寂しく思いました。

 人口減少に入った日本社会、橋や道路も含めコンクリートや鉄などの構造物は、将来的に見地に立ってどうするかを良く議論した上で建設して行かなければならないと思いました。

 

続きを読む

2018年

6月

26日

梅干し

 お隣の方から梅がそろそろ道路に落ちて困るので、採りに来てくれないかかとの連絡があり、今年初めての梅もモギ(採り)に入って40kgの梅をいただいてきました。早速選別し梅の芯を取りきれいに洗って塩付けにしました。

 UNEの梅干しは『昔ながらの梅干し』といって大変好評で昨年はお陰様で完売しました。

 今後はウネボシ:UNEBOSHIとして売り出して行こうか?と冗談を言いながら作業をしました。

続きを読む

2018年

6月

25日

民泊認可

 本日、新潟県よりKS☆HAUSに対して民泊許可に当たる届出済証標が届きました。

届け出番号の下4桁が多分届け出順番と思われますので、全国で2,884番目なのかな~と思われます。新潟県のホームページでは、今回の許可は新潟県で15番目、長岡市では1番目ということで、まだまだ希少価値のある許可だと喜んでいます。

 正式に民泊を開始するには今後消防署の検査証の提出が完了してからになりますので、今のところ民泊開始は7月上旬を予定しています。

 いずれにしても今回の民泊新法、鳴り物入りでの施行となりましたが、実際現場では様々な課題があるようで、思うように届け出が進んでいない中、晴れて届け出完了となったことに嬉しく思います。

 地域の活性化を目指しての今回の申請です。多くの方々が当地域を訪問され、地元住民と交流することで地元住民の方々のレベルアップが図られ、魅力ある人たちが育ち,そして魅力ある地域になる。

 そして、その魅力ある人を求めてまた沢山の方々が訪れる。

 そんな地域づくりに繋げられたらと思っています。

 Well come to KS☆HAUS!

 

続きを読む

2018年

6月

23日

宿泊のお客さん

 福井県坂井市にある特定非営利活動法スマイルネットさかいの役員、職員の方々6名が1泊2日の日程でUNEHAUSを訪問されました。

 スマイルネットさかいは、就労継続支援B型事業所yさ放課後デーサービス事業、多機能型支援事業、そして相談支援事業等、多岐に亘る活動をされておられるUNEの大先輩にあたるNPOです。

 到着後直ぐにUNEの活動内容を紹介させていただき、その後集落を案内、特例子会社夢ガーデンの現場を見学して貰い、そして栃尾温泉おいらっこの湯へ、塩気のあるぬるっとした湯質に大変感激されていました。

 UENHAUSに戻ってからは夕食を挟んでの意見交換会、現場で汗を流し、様々な課題を抱えている仲間同士ですので、夜遅くまで語り合いました。

 翌日は、5時半に起床、UNEの棚田や一之貝の景観を見て貰い、「しかげの清水」で水汲み、そして朝食後はどぶろく工場をそして、最後は千秋が原の『福祉・市民 体験農園』を見学して貰いお別れしました。

 昨年10月に福井県坂井市で私の講演を聴いていただいたの縁で今回の訪問となったとのこと。正に「朋遠方より来たり、亦楽しからずや」の思いで、時間を惜しみながらお世話させていただきました。ご来訪ありがとうございました。再開を楽しみにしております。

続きを読む

2018年

6月

17日

日独交流会

 ドイツフェストのワイン販売ブース「HAPPY MOSEL ハッピーモーゼル」で頑張ったメンバーで夜交流会をしました。ドイツモーゼルワイン連盟名誉会長のシュミットさんの好物、焼き肉店での交流会です。

 ワインのお話はもとより、ドイツの仕事の仕方や生活,食べ物とについてお話を聞かせて貰いました。

 特に障害者雇用については、シュミットさんの会社SMW社では3人の障害者を雇用されており、相当額の賃金を払っておられることに驚きました。

 また、ドイツでは障害があっても自分の望む、そして自分に合った仕事を選択できる機会に恵まれているということも分かりました。

 いろいろな企業、会社が障害者が働く場をしっかり確保していることも理解できました。

 

2018年

6月

17日

FMNIIGATA出演

 アオーレのアオラジという番組でHAPPY MOSELの担当者ということで納谷職員が出演し、モーゼルワイン、ブドウジュース、そしてドイツのスナック菓子の宣伝をしました。

続きを読む

2018年

6月

17日

水不足

 5月の中旬から今月の初旬、殆ど雨が降らなかったため天水に頼っている棚田は大変です。UNEが耕作している一番下の棚田は数日間水が全くかからなかったために中干し状態となり、その結果田面にヒビ割れが生じ水が溜まらない状況となってしまいました。このままでは壊滅的な被害となてしまうので、毎日、水の手当にあくせくしています。

 今朝も水が少なかったため他の田んぼに回す水を急遽入れています。

 水が貯まらないので,常に冷たい水がかかり稲の生育も遅れています。

 どうしたら良いのか?頭をい悩ませている内に収穫の秋になるかと思いますが?

 果たして収量は?

続きを読む

2018年

6月

17日

第二の実家

 荷頃中学を卒業された方々16名が昨夕UNEHAUSに集われ、その内、市外からお越しになられた5名の方々が宿泊され、若き日の佳き日々を偲ばれました。

 UNEHAUSの手作りの田舎料理、そしておもてなしにも大変満足された様子でした。

 「来年も是非また元気でお越しください!」と言ってお別れしましたが、その後、地元の方々から小学校跡地や神社などを案内して貰うとのこと、天気にも恵まれ良い一日であって欲しいと思います。

続きを読む

2018年

6月

16日

ドイツフェスト

 今日から2日間のドイツフェストの開始です。

 若き3人のスタッフがモーゼルワインやドイツビール、そしてドイツのスナック菓子などをアオーレ・アリーナのブース「HAPPY MOSEL」で販売しますので是非、ご来場ください!

続きを読む

2018年

6月

15日

UNEの紹介

 現在のUNEの活動を上手く全国農業新聞で紹介して貰いました。ご一読ください。

続きを読む