UNEの理念


 私たちUNEは障がい者も高齢者も、そして健常者も若者も、全ての人が人間らしく、誇りを持って一生安心して暮らせる持続可能な“ユニバーサル社会”を農園芸作業を通じて構築発展させていくことを目指します

農福連携サポーター養成講座受講者募集!

 障がい者福祉サービス事業所等で働く障がい者や生活困窮者、高齢者が農家等の依頼を受けて作業を請け負う際に調整役を担い農福連携を円滑に進める人材:農福連携サポーターの養成講座を9月19日(土)、9月20日(日)、9月21日(月:祝日 敬老の日)の3日間、ハイブ長岡(長岡市千秋3-315-11)で開催します。応募条件、申込み詳細は以下をご覧下さい。 

農福連携サポーター養成講座受講者募集のチラシ
農福連携サポーター募集チラシ.pdf
PDFファイル 1.9 MB

ボランティア募集

今、UNEは農業真っ盛りです。田んぼの畔の草刈り、千秋が原の畑の管理、クロモジの採取とクロモジ茶づくり、そして間もなくすると梅もぎ、そしてヨモギの収穫等々。協力いただける方、是非、ご連絡ください! ℡ 0258-86-8121

Atarashi 情報

7月8日 ブログ更新 今日のお客さん

7月6日 ブログ更新 今日のお客さん

7月6日 ブログ更新 中越安全防災士会

7月2日 ブログ更新 ヨモギ収穫

6月29日 ブログ更新 梅もぎ


さとやま一之貝 Promotion Video

UNEと一之貝のビデオが出来上ました。ドローンで撮った映像も沢山あります。映像時間は17分

ふるさと荷頃 Promotion Video

曹源寺の行事や北荷頃のドローン映像等、北荷頃が良く分かる9分のVTR


ICHINOKAI”THE”KUROMOJI HP
ICHINOKAI”THE”KUROMOJI HP
福祉市民体験農園 Oasis R  HP
福祉市民体験農園 Oasis R HP

北荷頃一之貝軽井沢集落連携促協議会HP


ブログ 地域活動支援センターUNEHAUSの日記

2020年

7月

08日

今日のお客さん

 今日は美里絵の多田清虹先生と先生のお友達3人がお越しになりました。一人の方は一之貝雷(いかづち)の方で、久しぶりの里帰りでしたので一之貝の昔話に花が咲きました。

 残念ですが雷集落はもう何十年も前に廃村になってしましましたが、栃尾地域、そして長岡市内でも一番旨い米が穫れる地域として有名で、今も一之貝の方々が通作して米作りをしている地域です。

 しかしながら昨今の高齢化で耕作されなくなった田んぼも目立ち始めてきました。

 これまで耕作者や地主が集まり大勢でやってきた水路や農道管理も出来なくなれば、全ての田んぼの耕作も出来なくなります。

 平場ような面の農業ではなく、中山間地の農業は田んぼを繋ぐ水路:線がなければ稲作はできなくなることを痛感しています。

続きを読む

2020年

7月

06日

今日のお客さん

 今日「きじゅのかい」のメンバーの方々がUNEHAUSで今夏の同期会の打合せで集まられました。

 毎年開催されている同期会で、今年はKS☆HAUSで開催されたいとの意向でしたが、東京や首都圏からの参加もある同期会で、ウイルス禍が収まらない今、開催は難しいということで残念ですが中止されることになりました。

 長岡市では去る3月20日に1件、東京から帰った方の感染があったのみで、これまでウイルス禍に関しては平穏な100日が過ぎ去りましたが、ウイルス禍の怖さは里山一之貝にも「テレビ感染」しています。

 現状ではウイルスは死滅することはなく、勢いが収ることをことを待つのみですが、実際長岡は現在感染者は0なので、収るという状況は?と考えると、ワクチンの開発がなされなければ終息しないものと感じ始めています。

 早くワクチンを!をこれからこのことを神仏に祈りたいと思います。

 

続きを読む

2020年

7月

06日

中越安全防災士会

 今日は中越安全防災士会の3人のメンバーの方がボランティアに駆けつけていただき、雨模様であったのでクロモジのお茶づくりを手伝って貰いました。

 通常、みなさんは災害で被災された全国各地でのボランティアで大活躍されておられますが、今回のウイルス禍の影響で遠出を自粛され、今日はUNEHAUSへお越しになりました。

 作業しながら被災地での活躍を聞かせて貰い大変興味深く感じました。

 お3方の様な人材が毎年育って行く長岡市を誇りに思いました。

続きを読む

2020年

7月

02日

ヨモギ収穫

 午前中9人でヨモギの収穫をしました。人間同様生長の度合いが違っており、大きいものから小さいものまで様々で、また他の草とも共生しているので、選別も大変でしたが軽トラック1台収穫しました。

 今後乾燥、細断、箱詰めして出荷となりますが、これから3ヶ月ほど収穫が続きそうです。

続きを読む

2020年

6月

29日

梅もぎ

 今日の午後、雨の晴れ間を縫って梅もぎをしました。栃尾の北荷頃、一之貝、そして原にある梅の木から総量で68kgの梅を塩漬けにし今後、昔ながらの梅干しを作る予定としています。

 昨年に比べ8分の1の量しか収穫できず非常に残念な思いでした。

 これまでは紫蘇がこの時期までしっかり育っておらず相当量購入していたため、今年は温室で紫蘇の苗起こしをし千秋が原に移植し十分な紫蘇が供給できる準備が整ったのに!梅の不作を憂いています。

 思うように進まないのが農業と痛感しました。

 

続きを読む

2020年

6月

26日

亀 すっぽん

 信濃川河川敷の『福祉・市民 体験農園』内の農道をのらりくらりと歩いていた亀を、月曜日のお昼にすっぽん汁にして皆で食べようと運び込まれた「亀のすっぽん」。

 我々が見ている時は軽トラの荷台でおとなしくしていたかと思っていたら、一寸目を離した隙に、脇の籠を踏み台に荷台の外へ転げ落ち、逃げてしまいました。

 月曜日に遺影用として撮影したワンショットでしたが、迷い亀の捜索用の写真となってしまいました。

 実際、食べてしまうのは可哀想だな!と思っていましたので、脱走もありかな!と一寸安心しました。今度見つかったらUNEのペットとして飼いたい様な可愛い顔のすっぽんでした。

 一之貝という新しい環境で逞しく生き抜いてくれること期待しています。

続きを読む

2020年

6月

23日

今日のお客さん

 今日は三条市下田地区で活躍している 地域おこし協力隊の隊員9人が、信濃川河川敷でUNEが展開している『福祉・市民 体験農園』を見学に来ました。

 東京、千葉、山口、茨城、そして新潟市、佐渡市、そしてUターンの三条市出身のメンバーで年齢も19才から50才まで様々な経歴、目的を持った若者?の来訪はいつもワクワクします。

 それぞれしっかりとした目的を持って頑張っている姿を見ると、逆に我々親、祖父の代がもっとしっかりしなければと思うことも度々です。

 昼食時に一人一人自己紹介して貰い、自分との共通項を探しながら会話を進めることで、関係がどんどん近くなるような感じがしました。

 下田地域で沢山のことを学び、出来れば農村地域の活性化に頑張って貰えたらと期待しています。

続きを読む

2020年

6月

22日

花ハス見学会

 今日は栃尾地域の花ハス栽培農家の巡回見学会が行われ、UNEの現場にも15人もの生産者、普及センターそしてJA越後ながおかの営農指導員が集い現場を見ながらの意見交換をしました。

 普及員のOさんの予想では、来月初旬には開花する部分もあるとのことで、今からピンクの花が咲き乱れるのが楽しみです。

 多分、7月下旬から8月上旬にかけてが見頃かと思います。みなさんにお知らせしますので、是非、お昼(うねご飯)を食べがてら見学にお越し下さい。

続きを読む

2020年

6月

20日

ジャイアントカボチャ

 日赤病院前の『福祉・市民 体験農園』 OASIS Rのジャイアントカボチャが順調に育っています。今年は量、そして品質共に期待できそうです。

 ウイルス禍の終息?ひと区切りのお祭りとして10月のハローウィンのお祭りが盛大に行われ、UNEのカボチャがその一役を担えたらと思います。

 あと3ヶ月、果たしてどうなるか?

 機会があったら是非いつでも見に来て下さい!

続きを読む

2020年

6月

19日

よもぎ

 今年からよもぎ栽培を始めた特例子会社夢ガーデンのよもぎの収穫、そして乾燥作業を見学してきました。5月一杯利用されていた稲の育苗ハウスを間借りしてこれから9月一杯まで、よもぎの収穫、乾燥、調整、そして出荷作業が始まりました。

続きを読む

2020年

6月

19日

今日のお客さん

 今日は新潟市内から2人の女性がお越しになられました。

 Oさんは、これまでUNEの活動を新聞に紹介してくれたり、新潟のお茶フェを主催され、UNEを誘ってくれたりお世話になっています。

 初めてお越しのAさんは、行政書士として、里山で暮らす人、里山に親や財産を置いて都会に出た人などの様々な課題を親身になって解決してくれる「里山ジャンヌダルク」の様な活動をされているとの話を聞かせて貰い意気投合しました。

 今後里山を消滅させることなく存続させるには法的知識、そして新しい制度等の情報も必要です。きっとこれからAさんが大活躍する時代になると確信しています。

 

続きを読む

2020年

6月

16日

オンライン会議

 今日はZOOMを使ってオンライン会議を開催しました。上越、新潟、そして長岡の仲間8人で様々なテーマについて話し合いました。私にとっては今回で3回目の体験でしたが、通常のこれまでの会議に比べ、

①会場への移動時間が必要無い

②移動がないので事故などに遭う危険性がない

③会場設営もお茶などの用意も必要ない

④資料はZOOMで共有出来るので資料印刷も必要ない

⑤皆で一緒に見ることが出来るプロジェクタも必要ない

⑥接触がないのでコロナ感染の心配が無い等良いこと尽くめ、

 そして実際にやってみると皆の顔が見えるので

⑦主催者である議長は皆の意見を満遍なく聞くことが出来る

⑧空気が伝わらない分、興奮せずに冷静な意見交換が出来る?

⑨録画機能があるので映像の議事録も自動的に作成できる。

⑩私にとっては大変残念なことですが、終了後の懇親会が必要ない。

 簡単に羅列しただけでも10ものメリットあるので今後も使わない手はないように思えました。

 役所や団体のメンバーにも参加の呼び掛けをしましたが、セキュリティーの問題で事務所のパソコンにZOOMをインストール事が出来ないとの回答で大変残念でしたが欠席されました。

 以前、M首相の頃IT化をイットと呼んで顰蹙(ひんしゅく)を買ったことを思い出していますが、今も昔も政府や役所は、IT化の流れに取り残されてしまう日本の現状に大きな疑問も感じています。

続きを読む

2020年

6月

12日

ジベレリン処理

 柿の花が満開になりその後10日経ったら、柿の実にジベレリン噴霧するようにと農業普及センターから指導を受け、今日、2日程遅れてしまったのですが実行しました。

 秋の収穫が今から楽しみです。

続きを読む

2020年

6月

12日

笹採り最終日

 今日は昨日雨の中採ってきた笹の調整を近隣のお婆ちゃんたちからも手伝って貰ってどうにか出荷しました。

 6人もの助っ人お婆ちゃんが来てくれ手際よく笹を切り、選別し、枚数を数えて輪ゴムで束ねて貰いました。

 何時もは和気藹々おしゃべりしながらの作業ですが、今回は笹の枚数を数えなければならないので、みなさん無口になり黙々と作業に励んでくれました。

「笹を1万円札と思って数えれば眠くならないよ!」とアドバイスを貰い、皆さん目標時間きっかりに作業を完了してくれました。

 感謝!感謝!の半日でした。ありがとうございました!

続きを読む

2020年

6月

10日

今日のお客さん

 今日は長岡地域振興局の農林部のTさんとMさんがお越しになられ、中山間地域の村おこし事業、そしてヨモギ栽培、クロモジ茶づくりなどについて意見交換させて貰いました。

 標高250mにあるUNEHAUSは役所のある四郎丸よりも200m以上も高い所にあり、また緑豊かな環境なので開口一番「街よりも涼しいですね!」

 お2人とも一之貝の雰囲気そして見晴らしの良さにも感動された様子。是非、雪に囲まれた一之貝にも来ていただき冬の仕事も見に来ていただきたいと思います。

続きを読む

 

ふるさと納税返礼品、UNEの商品もどうぞ

 

みんなの産直にも掲載してもらいました。産直商品が多数掲載されていますよ