UNEの理念


 私たちUNEは障がい者も高齢者も、そして健常者も若者も、全ての人が人間らしく、誇りを持って一生安心して暮らせる持続可能な“ユニバーサル社会”を農園芸作業を通じて構築発展させていくことを目指します

Atarashi 情報

3月28日 ブログ更新 ユリアからの手紙

3月27日 イベントへGO 4月、5月のイベント紹介

3月26日 ブログ更新 今日のお客さん お祓い M邸

3月25日 ブログ更新 春一番

3月24日 ブログ更新 資源回収


さとやま一之貝 Promotion Video

UNEと一之貝のビデオが出来上ました。ドローンで撮った映像も沢山あります。映像時間は17分

ふるさと荷頃 Promotion Video

曹源寺の行事や北荷頃のドローン映像等、北荷頃が良く分かる9分のVTR


4月19日(日) 山菜クウカイ

 雪解けと共に山にも春が来ました。一之貝の山を散策し山菜を採取。普段は行けない秘密の場所にご案内します。山菜採りの後はとちおの名人が打つ手打ちそばで舌鼓。春の香りを感じれる幸せな時間を過ごしませんか?

◎日  時:419日(日)800(受付開始745~)~1230解散

◎集合場所:ウネハウス(長岡市一之貝869

◎参  加 費:2,000円(案内代、税込)幼児無料。小学生の参加者は1,000

      ※別途お昼代1,000円は現地で支払いをお願いいたします。

申込み :414日まで、ウネまでお願いします。

 山を散策できる服装、靴でお越しください。又、山菜を入れる袋、鎌もご持参ください

4月26日(土) 『福祉・市民 体験農園』Oasis R開園

 

 長岡日赤病院前の信濃川左岸河川敷にある OasisR2020年度開園祭りを下記詳細で開催します。OasisRはきれいに区画した畑を、広く市民の皆様に貸し出す他、福祉施設、会社や地域の子供会等の方々に園芸療法や農福連携のフィールドとして活用していただければと考えています。

  農園芸をしたいけど、マンション、アパート等で土地が無い方、福祉施設や学校、子供会で農園芸を取組みたい事業所、無農薬無化学肥料の有機農法に挑戦したい方、その他興味の有る方どなたでも参加可能です。皆様のご参加をお待ちしています。

   信濃川河川敷の清掃を行い、種まき等農作業を行った後は焚火で焼く焼肉を楽しみます。

 今回植る野菜は718()に予定しているイベントで収穫を行います。

☆日  時:425日(土)900(受付845~)~1330解散 

☆集合場所:長岡市千秋ふるさとの森管理棟前          

☆定  員:定員30名 参加費:1,000円(昼食)幼児無料。小学生の参加者は500

  作業のできる服装で、長靴でご参加下さい。水等の飲み物もご持参ください 

申込み  :420日まで、ウネまでお願いします。

5月9日(土)田植え祭り

  一之貝の山間にあるUNEの棚田で田植え祭りを開催します。山に囲まれた環境の棚田で田植えを楽しんだ後は栃尾の名湯おいらこの湯で汗を流し、UNEHAUSで美味しいお昼ご飯を食べて解散となります。お申込みは51日までに下記ウネまでお願いします。

日  時:59日(土)9:30(受付開始9:15~)~1330解散

◎集合場所:ウネハウス(長岡市一之貝869

◎参  加 費:2,000円(お昼、案内代、温泉代込)幼児無料。小学生の参加者は1,000

 ※農作業ができる格好でお越し頂き、着替えもご持参ください。

  ※状況によって温泉の立ち寄りがなくなる場合は参加費を変更いたします。

申込み :1日まで、ウネまでお願いします。

ICHINOKAI”THE”KUROMOJI HP
ICHINOKAI”THE”KUROMOJI HP
福祉市民体験農園 Oasis R  HP
福祉市民体験農園 Oasis R HP

北荷頃一之貝軽井沢集落連携促協議会HP


地域活動支援センターUNEHAUSの日記

2020年

3月

28日

ユリアからの手紙

 2年前の2月UNEHAUSで1ヶ月間実習をしたドイツの長岡市の姉妹都市、トリーア市に住んでいるユリアさんからメールが届きました。

続きを読む

2020年

3月

26日

M邸

 理事会終了後、理事の方々から4月1日より借受けるM邸を見学して貰いました。

 M邸の前庭からの眺望は素晴らしく、一之貝の集落全体を見下ろすことが出来、遠くには粟ヶ岳、光明山、蒲生山、守門岳などが一望でき、里山の素晴らしさを堪能されました。

続きを読む

2020年

3月

26日

お祓い

 大安吉日の今日、栃尾大神宮よりUNEHAUSと来月から新たな活動拠点として借受けるM邸のお祓いをして貰いました。

 最近巷では新コロナウイルスで大騒ぎであり、UNEもこの4月から設立10年目を迎えるに当たって、無事故、そしてそこで活動するスタッフの無病息災、お越しいただくお客さんの安全、安心をお祈りして貰いました。

 清々しい天気でも手伝い、お祓いの後は、すっきりした気持で新年度を迎えら心持ちとなりました。

 2020年度は、きっと収穫多い新しい年度になると期待しています。

続きを読む

2020年

3月

26日

今日のお客さん

 1年半、よもぎ、そして花ハスの栽培でお世話になりましたン三井型県農業普及センターのTさんが4月から異動されるとのことで後任のOさんと一緒に挨拶に来ていただきました。

 Tさんのお陰で、昨年は初めてのよもぎ栽培、そして販売も上手く行き、今年は栽培面積を5倍に増やして実施する予定です。

 別れと出会いのこの時期、寂しいような、そして新しい人との出会いが嬉しいような複雑な気持ちです。

続きを読む

2020年

3月

25日

春一番

 毎月1回は うねご飯を食べに来てくれる栃尾商工会の「キャンディ-ズ」の方々が春を運んで来て暮れました。併せて、新たな事業をどう展開していったら良いかの相談にものっていただきました。

 今は、新芽が芽吹く一番良い季節なのに?コロナウイルスで社会活動は止まり静まりかえっていますので、いつもの春とは随分違う春となっていますーーー

 せめて頭の中だけでも、楽しいこと、夢のある新しい事業を考え計画することが大切と思いました。

続きを読む

2020年

3月

24日

資源回収

 今日は雪模様の天気予報でしたが、幸いかな今年初の北荷頃地区の資源回収を開始すると同時に雪も止み、薄日が射す天気となりスムーズに回収、積み込み作業が実施出来ました。

 昨年11月以来の回収で、多くの資源が出されました。

 特に年末年始に飲まれた日本酒の一升瓶の数は、銘酒 景虎の地元であるということもあってか、ビール瓶の数よりも数段多く、回収業者が持ってきた専用のプラスチックの箱には収まらず、ボール箱に入れてトラックに積み込みました。

 市が定期的に行う「行政回収」では出せない大型で重いアタンやアンカー等の金属ゴミが多く出され、みなさんからは喜んで貰いました。

 また、田舎であることで、ゴミステーションの数が少なく、自宅からステーションまでの距離があり、古紙や鉄ゴミなど思いものは高齢者の方々にとっては出しにくいもので、自宅まで回収することも喜んで貰っています。

 来週の火曜日は一之貝・軽井沢区の資源回収です!!!

続きを読む

2020年

3月

19日

協議会総会

 北荷頃・一之貝・軽井沢集落連携促進協議会の総会が開催され、行政の方々も交えて、様々な地域課題、そしてその対策について意見交換をしました。

 コロナの流行で社会の価値観が変わり、農業や中山間地域が見直されるのではないか?との話も出ました。そのためには、先ずは、地域としてしっかり存続すること、そして来る人達を受け入れる為の仕事と住インフラを確保することが必要と思います。

 障害者や生活困窮者などの社会的弱者を積極的に受け入れて新たなしごと、そして新たなUNE-RI(うねり)を作ることが我々の役目と思っています。

続きを読む

2020年

3月

19日

今日のお客さん

 今日は栃尾在住のインドネシアの家族の方が4人で再訪してくれました。大学の休みを利用して来日した若者2人は、来週帰国する予定でしたがコロナ禍のため帰国が延長され、今のところ何時帰れるか?分からないとのことでした。

 延長に伴いビサの書き換えもしなくてはならないとののことで大変です。

 コロナ禍の為、地球広場も閉まったり、お手伝いしていた子育て施設も休みになったりで行く場所がないとのことでしたので、時間があったらUNEHAUSに来て手伝いをして欲しいとお願いしました。

続きを読む

2020年

3月

18日

宝の山 よもぎ栽培

 去る3月4日、UNEHAUSを会場に開催されました「よも栽培生産者懇談会」の様子が以下の記事で紹介されました。

続きを読む

2020年

3月

16日

なごり雪

 少雪の今冬、通常は4~5回の雪下ろしが、ついに1回もすることがなく冬が終わりそうです。 

 お陰で1月中から蕗の薹(ふきのとう)を楽しむことが出来、雪かき作業の時間を新年度の事業計画に充てることもでき、UENにとっては良い年始めでした。

 しかし、ここに来てのコロナ禍、世の中思うようには行かないな!と実感しています。

 

続きを読む

2020年

3月

12日

今日のお客さん②

 障害者就労・生活支援センターこしじからNセンター長とMさんお2人が来所され、障がい者の訓練とそのサポートについて意見交換させてもらいました。

 近年、人手不足から障がい者の雇用率も少しずつですが上向きになってきていますが、障がい者の中でも精神障がい者の雇用、そして雇用後の定着率はまだ低く、何かしらの特別な施策が必要であると思います。

 産業の中でも後継者不足、高齢化が一番進んでいる農業分野に於ける障がい者の雇用・就労を進めるべく相談させて貰いました。

続きを読む

2020年

3月

12日

今日のお客さん①

 人事異動の季節。巷はコロナウイルスで大騒ぎですが、山の中の一之貝はその騒ぎも小さく、今日は遠路はるばる新潟県労働金庫の方々が挨拶にお見えになりました。

 コロナ「禍」の影響でどんどん経済状況が悪くなり、UNEも含め飲食や宿泊など日々のお客さんで売り上げを稼いでいるところが一番大きな被害、影響を受けいると思います。

 いくら株価が下がろうが、これまで内部留保を蓄えてきた大企業よりも、自転車操業でどうにかやりくりしてきた個人や中小企業の経営者への影響が大きいので、是非、この時こそ一般市民の銀行である労金さんに大活躍して欲しい旨お願いしました。

 このような時期があとどれくらい続くか?

 コロナで亡くなる方も少なくありませんが、コロナで倒産する企業、事業者は相当数出るのではないかと心配しています。

 UNEも宿泊のキャンセルがあったりして大変ですが、人間が生きる術である食糧を作っていることで一寸は安心していられます。

続きを読む

2020年

3月

09日

気持ちい~!

 快晴の下、木々や家も冬の寒さから解放するべく、囲い外しをすると同時に、数年間手入れされていなかった枝や木々に巻き付いていた葛の蔓などを撤去してあげました。

 木々や家も人間同様、春の日射しを心地よさそうに浴び、思い切って深呼吸していました。

 都会では今コロナウイルスが横行して、深呼吸も出来ない環境ではないかと思いますが、田舎一之貝は感染者はまだ居ないので安心しています。

続きを読む

2020年

3月

04日

よもぎ懇談会

 夕方、UNEHAUSにて「よもぎ懇談会」が開催され、生産者、JA関係者、新潟県長岡地域振興局、長岡市栃尾支所、一之貝区、買い入れ業者、そして報道関係者などが集まって、昨年から開始した よもぎの栽培・出荷状況、新年度の作付計画、そして よもぎ以外の薬草、ドクダミ栽培などについての現地視察、意見交換を実施しました。

 UNEも一昨年からよもぎ栽培に取り組み、昨年は乾燥重量で200kgを出荷しました。全量買い取って貰えること、そして経験が無くても作業できたことから、UNEの障がい者をはじめとするボランティアの方々のしごとにも適していると判断し、昨年9月に新たに4倍もの面積に苗を植え込み今年の増産に向け意気込んでいます。

 水持ちの悪い田んぼに栽培することで耕作放棄地の対策にも一役担うことが出来るのではないか?と思っています。

 

続きを読む

2020年

3月

03日

農園芸ジョブトレーナー

 久しぶりに園芸福祉にいがたの関係者から集まって貰い、農福連携が盛り上がってきた今「農園芸ジョブトレーナー」の養成講座の開催をテーマに協議しました。

 条件が整えば9月下旬の連休に3日間の講座を長岡市で開催するべく、これから準備を始めることになりました。

 

続きを読む

 

ふるさと納税返礼品、UNEの商品もどうぞ

 

みんなの産直にも掲載してもらいました。産直商品が多数掲載されていますよ