私たちUNEは障がい者も高齢者も、そして健常者も若者も、全ての人が人間らしく、誇りを持って一生安心して暮らせる持続可能な“ユニバーサル社会”を農園芸作業を通じて構築発展させていくことを目指します

地域活動支援センターUNEHAUSの日記

2018年

11月

12日

今日のお客さん

 今日はONEながおかのSさんとKさんが、うねごはんに来てくれました。今が紅葉の一番盛りの時期、綺麗な風景を楽しみながらの新米ごはんの味は格別です。

続きを読む

2018年

11月

12日

視察研修

 今日はこれまで週2回野菜を出荷してくれた方々と一緒に現地視察をしてきました。

 時間が限られていたので見附のまちの駅「ネーブルみつけ」そして道の駅「パティオにいがた」の2カ所の野菜売り場を見てきました。新鮮な野菜が沢山販売されているのを見て大変勉強になりました。

続きを読む

2018年

11月

11日

立川競輪感謝祭

 朝5時長岡を出発し東京立川市にある立川競輪感謝祭に行って来ました。天気のも恵まれ期待していた売上げもあり満足したイベント参加となりましたが、いつものことながら一見のお客さんへの販売の難しさを学んできました。

 まずは一番最初に売り切れたのが、ジャンボ油揚げ、立川のみなさんにも知られているもので、お昼前の11:40には完売してしまい、もっと沢山仕入れてきたらと後悔しました。

 次に売れたのが「UNEのお米:亀ノ尾」、みなさん亀ノ尾という品種は殆ど知っておられませんでしたが、棚田で作った新米ということで、1合カップ山盛りで100円というのが好評を博し、特に年配の女性の方々が買ってくれました。

 また、昔ながらの梅干しも懐かしい味だと言って完売しました。

 どぶろくは「酸っぱい、密造酒」などという昔の悪いイメージ、そして一寸単価が高いということで、最初のとっかかりが難しいかったですが「1盃試飲すれば、これは美味しい!」といことで2杯、そして1本になった方もおられました。

 どぶろくを飲んだお陰で、買った車券が的中したと喜んで1本買っていってくれた方もおられました。

 子ども連れから年配の方々までいろいろな方々が集まった楽しいイベントでした。

続きを読む

2018年

11月

05日

クロモジ畑

 林の中でクロモジがどのように生長するかの実証実験を行うために約10坪の2カ所の敷地にクロモジ30本の苗を植え付けました。1カ所は杉木立の木漏れ日入らない日陰、もう1カ所は杉林の脇の比較的日当たりの良い場所。どのように生長していくかこれから観察していきたいと思っています。

 米や野菜のように1年内で完結するものではありません。文献によれば種から6年程で2mを超える成木になるとのことですので、少なくともあと5年は必要かと思われます。無事の生長を祈りたいと思います。

続きを読む

2018年

11月

04日

今日のお客さん

 栃尾地域活性化委員会主催のミステリーツアーで31名の方々がUNEHAUSに昼食をしにお越しになりました。

 栃尾地域外の方も6人ほどおられ、当然UNEHAUSを初めてという方も多く、沢山UNEのPRをさせて貰いました。

 UNEの手作りの心のこもったお昼とおもてなしに、みなさん満足していただいた様子でホットしました。

 今後のイベントにも興味を示していただいた方もおられ、また、どぶろくやクロモジ茶そして野菜などを買っていただきUNEにとっても本当に有意義な訪問となりました。

続きを読む

2018年

11月

04日

軽井沢パークゴルフ場 オープン

 長野県の軽井沢よりも古い歴史のある長岡市栃尾地域の軽井沢。一之貝の上の集落に新たにパークゴルフ場がオープンしました。

 雲ひとつない絶好の天気に恵まれ、これまでボランティアでゴルフ場の整備に関わった方々、そして関係者が集まり、そして長岡市長はじめ来賓をお招きしてオープニングのセレモニーに挙行され、その後大会が開催されました。

 私もドローンを持ってお祝いに駆けつけました。

 過疎化、高齢化の進む軽井沢に賑わいを醸し出して呉れたらと大いに期待しています。

続きを読む

2018年

11月

02日

登山道整備

 地元で組織する「大平山親緑会」で降雪前の登山道と散策道路の整備を行いました。雨模様でしたが会のメンバーと行政職員30名で2時間半登山道を塞ぐ倒木の撤去や案内標識の修理、立て直しなどの作業に汗を流しました。

 幸いかな今年は獣害の被害も少ないようでホッとしています。また、どんぐりをはじめとする木の実も豊作のようでこれからも熊や鹿、猿なども人里に現れないで!と祈っています。

 また、綺麗に整備された道路に地元の方々ももっと沢山来てくられたと願っています。

続きを読む

2018年

11月

01日

スイスからのお客さん

 ドイツで駐在員をしていた頃、スイスでお世話になった農業家政学校の校長先生ご夫妻がUNEHAUSを訪問されました。

 急な訪問でしたので十分な準備も出来ませんでしたが、UNEHAUSに到着され、直ぐに夕食をしていただき、その後、隣近所の婆ちゃんたちから集まっていただき意見交換会をしました。

 

1.スイスは何故金持ち国になったのか?

 ご存じの通りスイスは永世中立国を宣言しています。第1次、第2次の戦争の舞台となったヨーロッパでその戦争に巻き込まれること無く平和を維持してきたことがお金持ちの秘訣?しかしながらスイスは自国を守るために徴兵制度も維持しています。

 長い間戦争が無かったので、古い立派な建物も素晴らしい自然も残っています。

 

2.牛たちは夏は山の上へ

 牛を育て山を守る。そんな目的でアルプ(山)で牧草が生える時に牛たちは農家から山の牧草地へ移動し寒くなり始める9月に山から帰ってきまます。牛たちは平地よりも寒いアルプに行き体を鍛え、そして新鮮な牧草を食むことで丈夫になります。同時に山々は綺麗に整備され観光地スイスの景観、自然は維持されます。正にハイジの世界を今も守り続けています。

 

3.村の過疎化を防ぐための条件

 どんな村にも教会、小学校、雑貨屋、居酒屋(食堂)そして郵便局があります。

 教会は冠婚葬祭、そして村人たちのコミュニティーセンター、小学校、雑貨屋は云うまでもありませんが、居酒屋は大人の社交場、そして郵便局は金融、そして町への交通手段となるポストバス(路線バス)の発着所になっています。

 これさえあれば歳をとっても日常生活は保障されます。

 農業という産業を政府は全面的に支援し多くの補助金を出していますので、村での仕事も保障されています。

 村人が安心して住むことが出来れば山も自然もそして景観も守られ、観光客の受入は可能で、然災害の被害も最小に押さえることが出来ます。

 

続きを読む

2018年

10月

31日

頼もしき応援団

 荷頃中学校の同窓生で、地域活性化のため特で活動しているUNEを応援したいとのことで、5名の方がUNEHAUSを訪問され、UNEの活動について紹介させていただくと同時に、今後のUNEの活動、そして平和のことについて意見交換させて貰いました。

 5人の方々からはこれまでの7年半のUNEの活動を評価いただき、これからも頑張って欲しいとのエールをいただきました。

 ふるさと荷頃を巣立った方々が、ふるさとを思い、そして、ふるさとどうにかしなかれば!という思いを具体化させ、みなさんと一緒になってふるさと荷頃を次世代にバトンタッチして行きたいと思います。

続きを読む

2018年

10月

31日

今日のお客さん

 栃尾商工会から4名の方々がお昼にお越しになりました。

 今日は2週間前に稲刈りをした農林22号の試食の日。

 コシヒカリは、農林1号と農林22号を掛け合わせて出来た品種で、コシヒカリの食味の特長は農林22号から受け継いだものとか?とのお話しもあるので、みなさん興味津々食べられました。試食の結果、お話しの通り美味しかったのでお代わりをされウネご飯を満足されました。

 田舎の美味しい空気、大勢で食べる雰囲気、そして美味しい水で炊き上げて食べるお米は、決して期待を裏切りません。

 是非、みなさんもお気軽にワンコインランチ ウネご飯を食べに来てください。

 要 事前予約が必要です。よろしくお願いします。

続きを読む

2018年

10月

25日

今日のお客さん

 今日は東京から国際農業者交流協会のKさんと魚沼市から魚沼市地域づくり振興公社のKさんがお見えになり、国際交流そして都市と農村交流について意見交換させてもらいました。

 魚沼市では人口が激減、そして高齢化が急伸し集落の維持、継続が大きな課題となっている中、多くの子供たちの受け入れをされているとのこと。

 誰か田舎生活に憧れ移住したり、定期的に遊びに来てくれたりすること大いに期待しながら都市と農村との交流事業をされているとのことですが、現実はなかなかそうにはならず、1回限りのお付き合いが多いとのこと。

 受け入れ側はもっとしっかり戦略を練って受け入れをしなければならないことで意見が一致しました。

 田舎の優しく素朴な爺ちゃん婆ちゃん像から脱して、自然豊かな環境で暮らしている器用で、何でもでき、そして英知に富んだ賢いジジババ像を都会の子供たちにしっかりアピールする必要があると感じました。

 田舎の魅力は自然や食もありますが、何とっても一番の魅力は、そこに住む農業を通して生きる術を学んだ年老いた農家のジジババではないかと思います。

 

続きを読む

2018年

10月

23日

漸く稲刈りが終わりました!

 今日は中越地震から14年目の記念の日。標高464mの一之貝でも一番高いところにある田んぼの稲刈りが漸く完了しました。

 食味を重視して従来コシヒカリを栽培したことで、コメが混ざってはいけないとのことで、生産組合から刈って貰うのではなく自らコンバインで収穫しました。

 また、幻のもち米「大正餅」はバインダーで刈り、はざ架けしました。2週間を目途のはざから下して脱穀精米したいと思います。

 猛暑と水不足に悩まされた今年の収量は良くありませんが、苦労した分新米の味は格別です。UNEのコメを!と希望される方!ご連絡をお待ちしております。

 

続きを読む

2018年

10月

22日

ドローン日和

 今日は秋晴れ!絶好のドローン日和

 飛行機雲も青空にすっきり!清々しい1日、北荷頃と一之貝でドローンで空撮をしました。

続きを読む

2018年

10月

21日

クロモジ教室

 ハーブ王子 野草研究家の山下智道さんを一之貝にお招きしてクロモジ教室が1泊2日の日程で行われました。参加者の殆どが東京からのお客さんで、一之貝の自然、そしておもてなしに満足された様子でした。

 我々にとっては雑草であっても、ハーブ王子の手に係ると素晴らしい野草・薬草になってしまう。正に一之貝の山を宝の山に変えてくれる魔法使いのようなオーラを感じる方でした。

 高齢化で殆ど手が入らなくなった山々に都会の方々が来てくれて宝物を発掘してくれているといった教室になりました。

続きを読む

2018年

10月

21日

延命地蔵尊・子育観音菩薩大祭

 北荷頃にある曹洞宗吉祥林萬年山 曹源寺にて約140名もの老若男女の参拝者が集まって、曹源寺にお祭りされている「延命地蔵尊・子育観音菩薩大祭」が行われました。

 仏事の後には、北荷頃・一之貝・軽井沢集落連携促進協議会で作製したドローンのビデオを披露させて貰いました。約9分間の映像に皆さんくぎ付けで見ておられました。

 その後、幼稚園児の踊りの披露、落語、そして日本舞踊と楽しい出し物もあり天気の良い秋の半日を過ごされました。

 

続きを読む

 

ふるさと納税返礼品、UNEの商品もどうぞ

 

みんなの産直にも掲載してもらいました。産直商品が多数掲載されていますよ