UNEの理念


 私たちUNEは障がい者も高齢者も、そして健常者も若者も、全ての人が人間らしく、誇りを持って一生安心して暮らせる持続可能な“ユニバーサル社会”を農園芸作業を通じて構築発展させていくことを目指します。

大雪お見舞い申し上げます!

 年末から降り続く雪のため、UNEに雪下ろしの事前登録していただいている高齢者、障がい者世帯が既に20軒となり、現在受付停止中です。連日、登録されている方々からの依頼があり、年明け早々雪下ろしに明け暮れしておりますが、私は、(家)老体に鞭打ち、雪に負けず元気で頑張っております。

 昨年出没しました熊の手も借りたいほどの忙しさです。雪下ろしを終わった後、依頼主から「本当に助かりました、ありがとうございました!」の感謝の言葉に励まされ、「春遠からじ!」もう少し頑張れば!とコロナ禍の先行き不明とは違う雪害に強い気持ちで立ち向かえます。

 雪下ろしを体験してみたい、手伝ってみたいという方がおられましたら是非お声掛けください。

2021年 明けまして!

 「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」「年が明けると一之貝は大雪だった!そして年が明けてもウイルス禍は拡大するばかり!」

 ウイルス禍吹き荒む年頭、果たして今年中にウイルス禍は終息するのでしょか?

 2021年の年頭の挨拶は「おめでとう!」ではなく「みんなで知恵を出して、どう上手くウイルスと付き合って行くか考えよう!」を合い言葉にスタートしたいと思います。

 新しい生活様式そして働き方、社会の仕組みの見直し、そして人それぞれの生き方についてみんなで議論したいと思います。

 昨年は、バス路線の廃止に伴いUNEの通院送迎サービスの利用者が急増しました。そして、この大雪でこれまで頼んでいたシルバーや業者が対応出来なくなったので、UNEに雪下ろしを依頼される高齢者世帯も急増しました。

 また、昨年3月まで9年間継続してきた地域の高齢者の見守りを兼ねた2ヶ月に一度の資源回収も市の突然かつ大幅な奨励金(補助金)の削減で実施経費が捻出することができなくなり中止せざるを得なくなりました。

 最近では、本来補助金の対象者であるにも関わらず「申請するのが分からなかった、申請期限を遅れてしまった」という理由で支援が受けられないという相談を受けたりし、本来、政治や行政がきちんとしなかればならない範疇の仕事が、年を重ねる毎にUNE、NPOが請け負わなかればならなくなって来ている状況に疑問を感じています。

 10年前UNEを立ち上げたときの私たちのNPOの定義は「行政や企業が性質上出来ない公平性・平等性を欠いたり、営利を目的としない仕事、行政と企業の仕事の隙間を埋める仕事」をする集まりとしておりましたが、最近は、行政が責任をもってやらなかればならないことをNPOが下請けし補完しているように感じて来ました。

 2021年は、日本政治、地方自治の有り様について、ウイルス禍克服の方法と共に、みんなでしっかり議論し、実践していきたいと思います。

獣の出没

 9月は猪に田んぼを荒らされ、その後、一之貝の隣集落 北荷頃では、熊による人身被害があり昨今は毎日のように熊の目撃情報が報道されています。

 UNEの標高400mの田んぼ設置したカメラには日没から早朝にかけて出没した猪、熊、そしてカモシカが撮影されましたので紹介します。

 日中の写真は殆どありませんので、夜行性の動物であると思いますが?本日UNEの職員も通勤時 朝8時過ぎに道路を横切った熊を目撃したとのこと。なんの為に、なぜ、明るいうちに活動するようになったのか?

宿泊業務再開のお知らせ

 10月に東京でもGOTOトラベルが解禁されました。UNEHAUSそしてKS☆HAUSの2カ所の宿泊施設もコロナ対策をしっかりして宿泊業務を再開することにしましたので、ご利用いただきたくお願い致します。

 なお、チェックイン時の健康チェック、手洗・消毒、マスクの着用等お手数を煩わせますが、予めご了解下さい。

【特集】一之貝大沢入(おおぞり)地域の棚田 の現状とこれから!

 ドローンで空撮を初めて既に2年になります。

 【左の写真が昨日2020年9月10日に撮影した写真です。】

 赤い〇の印が今年耕作を止めてしまった田んぼです。区画個数としては15区画もあります。

 赤い×の印は昨年既に耕作放棄されていた田んぼで、12区画あります。

 ご覧のように今年は最盛期の3分の1しか耕作されていません。

【昨年2019年9月13日に撮影した写真です。】

 今年から農林水産省の補助事業 中山間地直接所得補償の第4期(1期5年)に入るのを契機に、何名かの農家が高齢(80歳の半ばを過ぎた)、機械が維持が出来ない、病気などの理由で耕作を中止されました。

 代わってやって呉れる人も居ないことはないのですが、若い担い手(60歳以下)は殆どおらず、加えて土地改良事業が行われていないため①区画されていない ②用水の確保がままならない 

 

【これは4年前の2017年9月21日に友人から撮影して貰った写真です。】

 ③棚田のため畔(クロ)が大きく草刈が大変 ④道路や水路管理の村普請に参加できない ④米価が低迷している 等の理由から新規参入も見込めない中、あと数年で綺麗な棚田が草某々になってしまうこと予想されます。

 どうしたら良いか? これを見られた方、何か妙案がありましたら是非お聞かせ下さい。

 


さとやま一之貝 Promotion Video

UNEと一之貝のビデオが出来上ました。ドローンで撮った映像も沢山あります。映像時間は17分

ふるさと荷頃 Promotion Video

曹源寺の行事や北荷頃のドローン映像等、北荷頃が良く分かる9分のVTR


ICHINOKAI”THE”KUROMOJI HP
ICHINOKAI”THE”KUROMOJI HP
福祉市民体験農園 Oasis R  HP
福祉市民体験農園 Oasis R HP

北荷頃一之貝軽井沢集落連携促協議会HP


ブログ 地域活動支援センターUNEHAUSの日記

2020年

12月

24日

一之貝の雪景色

 今日は絶好のドローン日和、一之貝の雪の状況を観察すべくドローンを上げて撮影しました。雪は降っても1週間に2日位お日様が拝める日があれば、雪国の冬の生活も楽しくなるのにな~と無い物ねだりをしました。

続きを読む

2020年

12月

21日

雪下ろし

 先週15日16日と降り続いた大雪で雪下ろしの依頼が殺到し、スタッフ総出で雪下ろしに励んでいます。

 高齢者世帯で雪下ろしを請け負う業者がいない世帯を優先的に対応しています。

 過疎化、高齢化のため独居老人世帯が増え、業者に頼んでもいつ下ろして貰えるか分からないという方々からの悲鳴を聞いて5年前から栃尾市街地の雪下ろしも始めましたが、今年は既に4件もの新規申込みがあり登録数は20件にのぼり、現体制では対応出来なくなるのでは?と今後暫くは新規受付を中止することにしました。

 出来るだけ多くの方々の心配を取り除いてやりたいな!と考えを巡らせています。

続きを読む

2020年

12月

10日

今日のお客さん

 今日は栃尾の市街地から5人のお客さんがお越しになりました。

 いつもお世話になっているKさんと多田清虹先生もおられ、Kさんが本日の参加者全てにクリスマスプレゼントを持ってきていただき、気の早いクリスマス会を開催しました。

 多田先生からはアベノマスクに川柳を刺繍した素晴らしい作品を寄贈いただき、早速額縁に入れて飾らせて貰いました。

 おしゃべりにも花が咲き、楽しい一時を過ごしました。

続きを読む

2020年

12月

09日

キッチンカー

 6月に急いで申請した農林省の経営持続化給付金が10月正式に交付決定いただき、これまでになかった新しい様式のキッチンカーを市内の鉄工所で製造中で、今日、型枠がほぼ完成したので積載する軽トラックを持って行き、実際に積載し今後の作業のイメージを膨らませて来ました。

 今回は、関係する業者の方々から物心共に積極的に協力いただき素晴らしいものが出来ると期待しています。

 2月には完成予定で、実際に運行するのはそれ以降か?雪が消えた3月以降になるかと思いますが、長岡市内、新潟県内を走り回るUNEのキッチンカーを見たらお声がけください。

続きを読む

2020年

12月

04日

クロモジ採取・最終日

 今日でクロモジ採りを完了しました。予定数量には多少届かなかったのですが、出荷トラックに載らないのでは?との不安、そして今後の天気予報を見て終了することにしました。

 落葉の始まる11月半ばから約20日間でしたが、採取方法も確立し効率的な作業が出来たので昨年よりも5割増しの量となりました。

 集落の過疎化、農家の高齢化により年々森に入る人も少なくなり、加えて、今年は熊や猪などの出没情報が頻繁にありましたため、キノコ採りに入る人もめっきり少なくなりました。

 幸いかな我々の作業中には獣には遭遇しませんでした。

 クロモジ採りをしながら、倒木等の通行できなくなった山道を通れるようにしたり、不法投棄されたゴミを発見したりしました。

 今後人が入らなくなったら山がどんどん荒れてしまい、災害の元凶になるのではないかと懸念しています。 

続きを読む

2020年

12月

01日

ツムラ訪問

 漢方メーカでは日本一のツムラの研究所を訪問し、ヨモギはじめ漢方の原料の栽培、買い取りについて相談して来ました。

 早朝雨が降り始めた長岡を出発しましたが、トンネルを抜けると青空が広がる関東へ、ツムラの研究所がある茨城県に着いたら雲一つ無い青空に感動しました。

 ツムラの研究員の方との接触以外は、仲間同士の車での移動でしたので、ツムラに到着してからのコロナ対策をしっかりしての訪問となりました。

続きを読む

2020年

11月

27日

熊の爪痕

 今年は熊の出没が頻繁で、一之貝だけでも4頭もの熊が捕獲されました。柿を食べに集落内の出没しており、毎年ぎんなん拾いに行く、集落外れの田んぼの脇の柿の木には、無数の熊の爪痕が残っており、柿を取るため上の方までよじ登るので多くの枝がへし折れていました。

 

続きを読む

2020年

11月

26日

新しい仲間 はこぶ~ね

 J-COINという助成団体から助成金をいただき、UNEに新たな仲間、送迎車、8人乗りのトヨタ ノアがやって来ました。車種に因んでの「HAKOB・UNE」(はこぶ~ね)と命名しました。

 乗車する障がい者をはじめとするボランティアや高齢者の方々を安全に運ぶこと、そして今のコロナ禍を乗り切り、未来に夢を運ぶこと等の願いを込めて命名しました。

 これまで使用していた送迎車は古くなり、燃費も悪くなり、そして安全性にも問題が出てきたので、半年前にJ-COINに応募していました。

 8人乗りで今時の安全装置が完備されており、冬を控えて強力な助っ人が増えたこと皆で喜んでいます。

 

2020年

11月

26日

今日のお客さん

 今日はホテルニューオータニ長岡の料理顧問のOさんと長岡中央青果で八百屋をSさんのお2人が来られ、先般実施した「ヒカリ三代試食会」そして「どぶろくヒカリ三代」について意見交換させて貰いました。

 UNEが亀ノ尾、農林1号、従来コシヒカリ、そして大正餅などの希少種の稲を作付していることを評価していただき、今後、是非、ニューオータニで、それら希少種を使い、そしてどぶろくもも交えての「食のイベント」を開催されたいとの提案をいただきました。

 今年は猪の被害を受けて、農林1号の収量が僅かであったので、新年度の作付計画も踏まえて来年実施出来たら良いなと考えています。

 棚田での作付を応援してくれる方々がおられること嬉しく思いました。

続きを読む

2020年

11月

20日

労働環境改善

 UNEの就業規則や各種規程を見直すために9月から3回、社会保険労務士の方から来て相談にのって貰い現状に則した就業規則等が出来上がりそうです。

 農業分野での働き方は、これまでブラックの所があると指摘、批判されがちですが、今回変形労働時間制や年間カレンダーの導入、年次休暇取得チェックなどにより労使しっかり条件を確認できるので、働き易い労働・職場環境の整備へ一歩を踏み出したような気がしています。

 労働環境を整えることで若い人や障害のある人などが働き易くなれば、より多くの優秀な人材が集まって呉れると大いに期待しています。

 就職の第一条件は給与の額であるということも分かっていますが、このれがなかなか思うようにならないのが現実です。今後はこちらへも注力し徐々にでも給与を上げていくよう頑張りたいと思います。

続きを読む

2020年

11月

20日

クロモジ収穫

 今年も毎年恒例となりましたクロモジの収穫が始まりました。先週末に開始したのですがまだ落葉仕切れていなかった為に一週間おいての再開となりました。

 今年は熊や猪が頻繁に出没しているので警戒しての作業ですが、大勢で行くので今のところ遭遇はありません。

続きを読む

2020年

11月

19日

今日のお客さん

 今日は以前仕事でお世話になったKさんご家族と栃尾の楡原のSさん夫妻がお越しになり、11月の誕生会を一緒に祝っていただきました。

 KさんからはUNEの新米、そして今日出来上がったばかりの大正餅を沢山買っていただきました。Sさんからは日頃愛飲していると行って「雪中壱乃界」を買っていただきました。Sさんのご主人も11月生まれとのことで、合唱した誕生日の歌には一寸照れくさそうな感じでしたが、喜んでいただけたようです。

 UNEはいつでもオープンですのでお気軽にお立ち寄り下さい。お休みの日もありますので、お手すですがお越しの際は電話1本お願いします。

続きを読む

2020年

11月

15日

愛村デー

 天気に恵まれた今日は朝8時から1時間ほど「愛村デー」と称して村人総出で道路周辺の掃き掃除をしました。冬前の一斉清掃、日頃顔を合せない方々とも久しぶりの再会、一昨日、切り倒した大きなケヤキのことが話題になり盛り上がりました。

2020年

11月

12日

職員研修

 今日は保険会社のMさんとSさんがお見えになり医療保険について講義して貰いました。特にこれから世帯をもつ若手職員から、生命保険も併せてしっかり保険の勉強をして貰いたいと思い講義して貰いました

 特に医療保険の場合は、字面だけを見て加入し、実際は給付対象にならないことも少なくないので、しっかりと内容を理解した上で加入すべきであるとのアドバイスを貰いました。

続きを読む

2020年

11月

11日

今日のお客さん

 今日は新潟県田上町で有機米、特別栽培米を作っておられる米の達人Oさんといつもお世話になっているナジラーテの川上さんがお越しになられ米の作り方について話を伺いました。

 無農薬で栽培された米の米ぬかを焙煎して作った「焙煎食べる米ぬか粉」をお土産に持って来てもらいましたが、本当食べ易く、健康にも良いとのこと。

 Oさんは猪歳の72才とのことでしたが、しっかりした物を食べておられる関係で一回り若く見え驚きました。

 

続きを読む

 

ふるさと納税返礼品、UNEの商品もどうぞ

 

みんなの産直にも掲載してもらいました。産直商品が多数掲載されていますよ