私たちUNEは障がい者も高齢者も、そして健常者も若者も、

全ての人が人間らしく、誇りを持って一生安心して暮らせる持続可能な

“ユニバーサル社会”を農園芸作業を通じて構築発展させていくことを目指します。

 

ふるさと納税返礼品、UNEの商品もどうぞ

 

地域活動支援センターUNEHAUSの日記

2018年

2月

22日

雪との戦い

 今冬は1月半ばから降り続いた雪で一之貝では4回から5回の雪下ろしが行われました。

 栃尾の市街地は一之貝に比べ標高は低いので2回から3回の雪下ろしでしたが、高齢者の世帯では雪下ろしの人員が手配できず心配の日々が続き、地区外である我々の所まで雪下ろしの依頼が殺到しました。

 市街地ですので家が混み合っており雪を捨てる場も少なく、雪の量は多くはありませんが、下した後の片付けが大変で一之貝に比べ倍近くもの時間と労力を要しました。

 そんな状況下、高齢者世帯の雪下ろしを優先的にやった結果、UNEHAUSの雪下ろしが後になってしまい下屋の屋根が壊れてしまいました。屋根屋に修理をお願いしましたが、屋根屋だけでは対応しきれず大工さんの出動も要請、まだ積雪の多いこの時季、工事に取り掛かれないのが現状です。来月中頃には?とのことですが、早く直さなければ水漏れが始まり、内装まで修理が必要となってしまいそうで心配です。

 屋根の損壊、ロータリー車の故障、ガラスの破損等ありましたが、お陰様で今回の雪下ろし作業で怪我や事故はなく、雪下ろしをした高齢者からは感謝され、頼りにされたことを良しとして今冬の雪との戦いの総括としたいと思います。

 

 

続きを読む

2018年

2月

21日

今日のお客さん

 今日は、全国各地で開催されている「うまい米コンテスト」で受賞された長岡市中沢のKさん、長岡市片田のIさんがUNEHAUSを訪問され、みんなでうまい米作りについて意見交換をさせていただきました。

 Kさんは「大阪府民のいっちゃんうまい米コンテスト」で最高賞の大阪府知事賞を受賞されました。同コンテストで最高賞を受賞されたのは県内初の快挙。

 Kさんは私の地元中沢(平場:ひらば)で米作りをされておられます。平場でのうまい米コンテストでの受賞は水の綺麗な中山間地での米に比べ難しい中の受賞に関係者みな驚いています。

 また、Iさんは、第19回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会の国際総合部門で2回ノミネートされたやはり平場での米作りの名人です。因みにIさんは、既に2回のノミネートで全国的にも名を馳せておられます。

 Iさんからはこれまで4年間米作りを指導していただき、UNEも昨年は大阪、そして国際等3つのコンテスト、コンクールに出品しましたが、まだまだ努力が足りないようで、受賞、入賞には至っていません。

 今年こそは!と思っています。

 

続きを読む

2018年

2月

20日

農福連携フォーラム

 3月6日(火)13:30より、農福連携フォーラム:『福祉・市民 体験農園』開設フォーラムを開催いたします。

 この4月に長岡日赤病院前の信濃川左岸の河川敷で開設予定の『福祉・市民 体験農園』 仮称「川の駅 OASIS R」の参加者(耕作者)を募集すると同時に、農園の開設目的、効果、そして利用規定案などについてお話しさせていただき、農福連携の推進者 NPO法人日本園芸福祉普及協会 副会長の近藤龍良先生(群馬県高崎市倉渕)と特定非営利活動法人HUB’Sの理事長 林正剛先生(滋賀県大津市)をお招きして農福連携の実情と特長について議論していただきます。

 詳細については、以下のチラシをご覧ください。多数のご参加をお待ちしています。

 開場は長岡市大手通のトモシア(長岡市社会福祉協議会等が入ったビル)です。

特定非営利活動法人UNE 家老洋

続きを読む

2018年

2月

04日

共同車庫雪下ろし

 朝8時から12時まで約4時間共同車庫の雪下ろしをしました。今冬2回目の雪下ろしでしたので、既に投げ下ろす場所がなく、屋根から雪を運び出すといった感じの雪下ろしとなりました。

 共同車庫は、特に冬の車置き場として10数年前に市の補助金を投入して建設された建物で、現在12台の駐車スペースがあり11軒で利用しています。それぞれの家から必ず一人は賦役として参加しなかればならない決まりになっていますので、今日はメンバー全員が集まりました。因みにUNEは2箇所の駐車スペースがあるので2人で参加しました。

 雪模様の予報でしたが、幸いかな予報が外れ、お日様が照る中での大勢しての作業でしたので、余り苦にならない雪下ろし作業となりました。

 今冬はもう1回あるのでは?と懸念しながら、お昼前の解散となりました。

 

続きを読む

2018年

2月

03日

茶フェス2018

 新潟市万代にある「新潟日報メディアシップ」で開催された『茶フェス2018』にクロモジの茎茶と葉茶を持って販売しました。

 県内12のお茶の生産団体が参加してのイベント、ハーブテーから桑の茶、レンギョウの茶、そば茶など様々なお茶が販売されました。

 別の団体でもクロモジと何かを混ぜたものをクロモジ茶として販売していましたが、手前味噌ですが、UNEのクロモジ字茶は、クロモジ100%で香りも色もそして味も絶品であると今回初めて認識しました。

 200人を超す方々が試飲に訪れ購入してくれた方も多く、思っていた以上の反応に一寸びっくりしました。

 春になったらクロモジ茶作りの講習会に参加されたいとか、他のお茶と混ぜてみたいとかで、材料としてクロモジを使ってみたいという人も来られ、新たな広がりを感じました。

続きを読む

2018年

2月

02日

ワールドカフェ

 2週間に1回の割合で開催されています「World Cafe」が地球広場で開催され、ドイツ人実習生のユリアさんが母国 ロシアと父国 ドイツ トリーア市の様子について一般市民の方々に発表しました。

 2日前程から発表の準備をし、また参加してくれた方々へロシアのケーキを作って行ったのですが、参加者が少なく一寸寂しい思いをさせてしまったような気がしました。金曜日の夕方でしたので学校帰りの学生がもっと沢山来てくれるのでは?と期待していたのですが本当に残念でした。参加させて貰った私にとっては、特にロシアの情報は全くない中、興味深いお話でした。

 母国語がロシア語で1年間語学学校に通って身に着けたドイツ語ではなく、英語での発表は一寸自信がなさそうでしたが、やってみたら大変立派な発表で参加者皆拍手喝采でした。

 私は、何か国語も話せる彼女の語学の才能に驚いたと同時に、与えられた時間、そして機会を一生懸命対応したオープンな心持にもエールを送りたいと思います。ご苦労様でした。

 ダンケシェーン、スパシーバ!

続きを読む

2018年

2月

01日

雪下ろし日和

 今日は久しぶりの快晴、絶好の雪下ろし日和です。

 昨日まで降り続いた雪で一之貝の積雪は2mを超えました。町中からは「早く雪下ろしをして欲しい!」との悲痛の声が届いています。今週末、来週初めまで雪下ろしの予定が入ってしまいました。天気の時の雪下ろしは一寸は心もウキウキします。来週初めまで天気がもって呉れたら!と手を合わせています。

続きを読む

2018年

1月

31日

雪遊び体験

 入り口は小さいですが中は広い、かまくらを作りをみんなで楽しみました!

 宇都宮、海老名、豊橋、各務原、鹿児島県徳之島、そしてドイツトリーア市から来た一之貝の大雪を初めて体験された方々と一緒にかまくら作りをしました。

 地元に民にとっては恨めしい雪ですが、初めて体験される人たちにとっては白い妖精?年甲斐もなくワイワイ楽しみながらの作業でした。

 いつもは顔をしかめながらの雪との格闘ですが、今日ばかりは子供のような純真無垢のみなさんお雪への思いに、つい私の顔も綻びました。

 こんな風に雪と過ごせたらと思いました。

 

続きを読む

2018年

1月

30日

農福連携推進シンポ

 金沢の北陸農政局で開催されました農福連携推進 北陸ブロックシンポジウムに参加して来ました。今回は、来る3月6日(火)長岡でもお話ししていただく特定非営利活動法人HUB’sの理事長 林正剛さんの「農福連携の新たな展開」と題しての基調講演、そして「障害者の可能性を引き出す就農と地域活動」と題してのパネルディスカッショで株式会社、福祉法人、そしてNPO法人が経営する農業分野における活動が紹介されました。

 障害者の工賃向上というよりは、障害者の遣り甲斐、幸せを求めての農福連携に大変感銘を受けました。

 見える化?と言うおかしな言葉が横行し、それもお金での見える化が中心になり、どれだけ稼げたか?が事業や人の評価になってしまい、障害者の遣り甲斐や幸せ笑顔等は、見える化の物差しでは測れないいので、一寸脇に置き去られてしまったような昨今です。

 一番大切なことは人間らしく生き、社会のために働くことで、満足感や幸福感が得られるものと思っています。

 幸せを測ることが出来る物差しが出来れば、社会はもっと変わるのではないかと思うのですが?---

 

続きを読む

2018年

1月

24日

大雪にびっくり

 今日はUENの理事会、お見えになった理事の車、僅か2時間半の間にこんなに沢山雪が積もってびっくりしました。

 気温が低いのでサラサラのパウダースノーですが、道路の除雪作業も追いつかず、今日はみな明るい内に早上がりしました。

 自然の力には勝てません!克雪ではなく順雪の精神で、これからの乗り切ろうと思います。

続きを読む

2018年

1月

23日

今日のお客さん

 ドイツからのお客さんユリアさんを国際交流協会の柏木理事ご夫妻が来訪されました。柏木さんは昨夏トリーア市を訪問されており、トリーア市の話で盛り上げりました。

 柏木ご夫妻は公私に亘り外国人の方々を新設にお世話していただいています。

 

続きを読む

2018年

1月

23日

今日のお客さん

 若い農業青年を育成する事業「農の雇用」の実態調査に新潟県農業会議のTさんが雪の降りしきる中来訪されました。

 景気が上向きになると農業に参入する若者も減ってしまうとのことで「農の雇用事業」への参加者も減っているとのことでした。

続きを読む

2018年

1月

21日

北荷頃区新年祝賀会

 毎年恒例の「北荷頃区新年祝賀会」が荷頃センターに於いて地元選出議員、役所関係者、周辺区長、そして地元関係者など100人程の出席者で盛大に開催されました。

 地元にとっては日頃お世話になっている方々と膝を交えてお話しできる場、いろいろな情報交換、そして懇親を深めることが出来、参加者みな大満足の祝賀会でした。

 最近は高齢化、過疎化が進みこのように盛大な新年祝賀会を開催するところも少なくなったとのことですが、村を守るためにもこのような機会は今後も続けて行って貰いたいと思います。

続きを読む

2018年

1月

19日

ドイツからのお客さん

 長岡との姉妹都市 ドイツトリーア市から若い女性 ユリアさん:ユーちゃんが今日から4週間の予定でUENHAUSで実習することになりました。

 日本語や日本の文化、日本人との交流に興味があるとのことで、早速、地元の婆ちゃんたちとボディーランゲージで会話していました。

 UNEの給食やクロモジ茶作りの手伝い、村の集会、国際交流のイベントへの参加、そして茶道なども学んでみたいとのことで、忙しい滞在になるかと思いますが、雪の一番多い時季での活動、多くのものを学んで貰いたいと思います。

 時間のある方は是非、ユーちゃんに会いにUNEHAUSへお越しください。

 

続きを読む

2018年

1月

18日

今日のお客さん

 栃尾には三つの谷があります。一之貝のある西谷川の沿岸の西谷、農家レストランで有名な菅畑や栃堀のある刈谷川の沿岸の東谷、そして、塩谷川の沿岸の塩谷です。

 その塩谷地域の山葵谷(わさび)集落に6年程前に東京から移住されたIさん一家が訪問されました。

 Iさんご夫妻には2月7日に開催するフォーラムの後の意見交換会の料理をお願いしています。

 山葵谷は一之貝よりも戸数も少なく高齢化の進む集落ですが、奥さんのお腹には3番目のお子さんが居るとのことで、山葵谷の平均年齢をIさん一家が随分引き下げいるのことに拍手を送りたいと思います。

 子育てをするには良い処ですが、地元に仕事がないのが課題とのことですが、山葵谷を拠点にイベントのあるところへ家族一緒に出張し料理を作りながら頑張っておられるとのこと、今後何かの形で協働できたらと思いました。

 

続きを読む