本日のお客さん

 今日は三条市旧下田地区の荒沢から地域おこし協力隊員のお2人が来訪されました。三条市では、現在地域おこし協力隊を8名、荒沢地区に配属し、荒沢地区の村おこしに励んでもらっているとのこと。若い力が結集し、新たな事業を立ち上げるべく、お2人とも非常に頑張っておられる様子が伝わってきました。

 協力隊員はひと集落に1人の配属が普通ですが、一人で活性化を図るというのも荷が重過ぎますし、また、3年間の任期で自立を目指すことも至難の業と思います。

 そのような中、大勢を一集落に集中させ、新たなプロジェクトを立ち上げ、活性化を図る三条方式はなかなか興味ある取り組みだと感じました。