本日のお客さん

 本日は長岡市内の社会福祉法人の役員の方がUNEAUSを訪問されました。

 障害者の幸せ、家族の抱える課題、そして農福医の連携等について意見交換をしました。

 今の福祉が、主体である障害者や高齢者のためを第一義とぜず、それらを取り巻く家族の負担軽減、事業に携わる職員や施設の効率化を第一優先にしているのではないか?との疑問が湧いてきました。

どうしたら良いか?まだ分かりませんが、私たちも含め、福祉に携わる者の目指すべき理念等について、改めて見つめ直さなければならない時期かと思いました。