本日のお客さん

 「ろうきん財団」の関係者の方が3名お見えになられ、NPOの育成のための「ろうきん財団」の様々な支援事業についての意見交換をさせていただきました。

 UNEを創設した5年前に比べ、NPOの社会的認知は随分高まって来ましたが、一般市民の理解となると、まだまだの感があります。

 NPOを行政機能の補完的組織と考えている行政マンも少なくありません。これまで「10」の経費で行政が行ってきた仕事を、民間に下請けに出せば「6」か「7」の経費で賄え、そしてサービスも行き届く!という虫のいい考えを持っている行政関係者も多く、年々事業経費を切られてしまうのが現実です。

 そんな中、ろうきんの方々は、真面目にこつこつやっているNPOをどうにか支援してあげたいと考えていただいている様で、本当にありがたく思いました。

 お金も大切ですが、NPOを立ち上げ継続するノウハウの蓄積とその共有も大切であるとの認識で一致し、今後ご指導いただきながらUNEも頑張りたい!という結論に達しました。

 新潟から態々のお越し、本当にありがとうございました。