お便り紹介 7

 家から見える八方台、鋸山もすっかり青々と若葉が映えてまいりましたが、農家の皆様は田植えの真っ最中で忙しい盛りですね~平年より気温が上がっております。熱中症にもお気を付け下さい。
【一之貝物語】
 一之貝は、住んでいる時には気付きませんでしたが平らな所が少ないんですよね~。隣の軽井沢、荷頃と比べて頂ければ一目瞭然。遊ぶ所も限られていました。

 小学校のグランドでは、自転車、円書き、仲良し公園でカブトムシ採り、農協前の広場で缶ケリ、ミニ野球(本当は、広場では無く駐車場です!遊び場にしてスミマセンでした)魚釣りなら大池(この池の所有者は、どなた様ですか?私達は、池の中の大きな亀が住んでいて主と聞いていましたが…)等々です。

 その頃流行った遊びが、秘 密基地ゴッコです!正確には、男子だけですが仲良し公園や近所の森で斜面に倒れ掛けた木に茅や木の板を掛けて洞窟のようにします。古くなったオモチャやボール等を隠して置いて気の合う友達だけに「他の人には、ナイシヨだよ」と基地に呼んで、オモチャを引っ張り出したりして遊びます。大した遊びでは、有りませんが秘密感がたまらなく好きでした…ある時、下級生が農協の倉庫裏の雪囲い材が立て掛けてある所を基地にしました。「すぐ見付かるような所を、基地にしたもんだ」と思っていたら…下級生がその雪囲い材に登って降りられ無くなってしまい、農協の人に助けて貰ったとか…当然学校にも連絡がゆき、朝礼だったかで「え~秘密基地ゴッコと言う遊びは、コソコソ隠れてスパイや泥棒のよ うで誠に悪い遊びです」と禁止されてしまいました。

 枝打ちや山菜採りで、倒れ掛けた木の下に、オモチャやボールが残っているのを見掛けたら、きっとその時の基地の名残です!?

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ミヤマオクヤ (日曜日, 01 6月 2014 14:47)

     全くそのとおり、一之貝で自転車に乗っている人はいませんでしたね。私達が遊んだのは鎮守様、三角野球やチャンバラ、時には大きな木に登り、梟の巣から幼鳥を取り出し、親鳥に引っ掻かれた者もいました。また、神社の屋根に(かやぶき)上り
    親に怒られた記憶があります。
    祓いたまい清めたまい神ながらくしみたまい